« SEALDsをまだ持ち上げている朝日 | トップページ | 賠償金なら賠償金で良いじゃない »

JAがあるから農業が立ち行かぬ

韓国産肥料を一括輸入=資材値下げ、第1弾-JA全農
 全国農業協同組合連合会(JA全農)は15日、生産資材価格を引き下げる取り組みの第1弾として、韓国産肥料を一括輸入すると発表した。全農は7月、農業者の所得向上を目的として、肥料や農薬などの値下げ策を具体化する方針を示していた。
 今回輸入するのは、コメや麦のほか、ダイコンやキャベツなど露地栽培の野菜生産に使用できる化成肥料。大規模農家を想定し、コンテナごとの20トン単位で注文を受け付け、港湾から直送することで国産製品よりも3~4割程度割安にするという。ただ、国産に比べると水分量が多く固まりやすいため、長期保管には向かない。(以上(時事ドットコム(2016/08/15-18:41)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081500791&g=eco

 日本農業の諸悪の根源JAが、南朝鮮から肥料を輸入して販売する。
 南朝鮮の食料品と言えば、大腸菌もぶれというのがネットでは定番だが、JAは南朝鮮製の肥料で、日本の農業を大腸菌まみれにしようという魂胆らしい。ダイコン、キャベツという生野菜に大腸菌を振りまく様なものだから、使った農家はきっと高く付くことだろう。安かろう悪かろうの南朝鮮製品の副作用はすぐに出て来るだろう。肥料は安くても、水分量が多くて固まりやすいのだから、機械で肥料散布など出来なくなるだろうから、人手で肥料を撒けば、その分コストが嵩むことは必至だ。そもそも、農家がJAで農業用品を買うよりも、ホームセンターの方が安いという根本問題には触れていない。それこそがJA全中の利権なのだから、自分たちの不都合を表に出す訳がない。また、農産品もJAが規格を決めて、それ以外は売れないシステムにして、消費者に高い農産品を売りつけているのもJAだ。それゆえに、一寸曲がったキュウリなどは、道の駅でちゃんと売れるし、味が違う訳でもない。単にJAの集荷場の都合なのだ。さらに、JAでは、米の産地で混ぜ米をして、努力をしておいしい米を作っても、その地区の取引値でやっているのだから、農家のやる気を削いでいるのもJAの存在そのものだ。これで、JA全中は自分たちの利権を守るためにTPPにも反対し、なおかつ、日本の農業のリストラにも協力しないのだ。日本の農業が生き残ることは、簡単だと思う。まず、JA全中の利権を全部剥奪して、真面目に農業をする人たちがやりやすい様に法律を改正していけば、自助努力で大規模農業にすれば良いのだ。酪農に至っては、アメリカから飼料を買っている時点で負けなのだ。耕作放棄地で、国産の酪農飼料を作って、日本の中で全てが賄えるようにしなければ勝てるはずがないのだ。さらには、JAが牛乳を一手に扱っているから、生乳は過剰で廃棄しながら、バター、チーズは生乳が足らないというおかしなことをやっている。余った生乳をバター、チーズの加工品に回すという発想すら、JAには欠如しているのだ。
 今の日本で、JA全中から独立したJAがあるが、独自色を出して黒字化に成功している。要するに、JA全中は農家にも消費者にも不要なのだ。(No.4909-3)

|

« SEALDsをまだ持ち上げている朝日 | トップページ | 賠償金なら賠償金で良いじゃない »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64068460

この記事へのトラックバック一覧です: JAがあるから農業が立ち行かぬ:

« SEALDsをまだ持ち上げている朝日 | トップページ | 賠償金なら賠償金で良いじゃない »