« スワップは中国様で良いじゃない | トップページ | 韓国製買うからこんなに高くつく »

戦略を見せては勝てぬ都知事選

「冒頭解散」で都議会ぶっ壊す!…「小池百合子の乱」は成就するか
 東京都知事選(14日告示、31日投開票)で、自民党の小池百合子元防衛相(63)が6日、都内で記者会見し「政策を論じる時間もなくなる。総合的に判断した」と述べ、党都連の候補者決定を待たずに出馬することを表明した。都連が擁立に動いている増田寛也元総務相(64)が立候補すれば分裂選挙となるが、小池氏は公約に“都議会解散”を掲げるなど、都連との対決姿勢を鮮明に打ち出した。(サンケイスポーツ)
 「がけの下にパラシュートなしで飛び込む」
 小池氏が覚悟を決めた。5日に党都連の石原伸晃会長(59)に推薦を申し入れたが、結論は10日の参院選後に延ばされ「政策を論じる時間がなくなるという客観的な状況と、自らの意思を含めて総合的に判断した」と立候補を正式に表明した。
 都連の推薦がないままの立候補には「リスクは山ほどある」としながらも、「むしろ、しがらみのない都民の目線で戦える」と強調。都連の候補者選びを「どこで何を決めているのか不透明だ。改革が必要ではないか」と批判した。
 そして、発表した3つの公約には、都政を巡る「利権追及チーム」と、舛添前知事の政治資金問題を調べる「第三者委員会」の新設とともに、都議会の「冒頭解散」を掲げた。当選した場合の議会の反発を織り込み「不信任案が提出されるので、そのときに解散する」と対決姿勢を鮮明にした。
 離党は「まったくない」と否定し、都連に出した支援依頼も取り下げないという小池氏。しかし「このままでは党の支援は得られないと判断している」と述べ、増田氏との保守分裂選挙は避けられないとみている。「分裂は都議会自民党と都民との間の分裂ではないか。都民の声を聞いてみたい」と女一人の戦いへ意気込んだ。(以上(産経ニュース2016.7.7 07:10更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160707/plt1607070011-n1.html

 小池百合子が自民党の推薦もなく、都知事選への立候補を表明した。
 小池百合子の戦略としては、都議会が不信任案を出すので、都議会を解散するというが、そのようなことを現段階で言うこと自体、負けたと言っても良かろう。そもそも、都自民党連にも石原ノビテルにもアポ無しで会いに行くという、まるで、翁長雄志がアポ無しでアメリカ旅行をしたことを彷彿させる暴挙というか、社会人としての常識も欠如していると言えるだろう。そのような奴を東京都民は都知事に据えたいと考えるのだろうか?
都議会を解散させると言っても、都議会が不信任案を出さなければ、解散させることもできないし、自民党のバックがあって始めて、解散をする意味があるのだ。それさえ分かっていない小池百合子で大丈夫なのだろうか?今の状態で都議会を解散しても、都議選後の都議会では、議員がオール野党になるということも分からないのだろうか?
 小池百合子は、自民党の意向に反するのならば、サッサと離党して「無所属」で都知事選に臨むべきだ。(No.4869-2)

|

« スワップは中国様で良いじゃない | トップページ | 韓国製買うからこんなに高くつく »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63881437

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略を見せては勝てぬ都知事選:

« スワップは中国様で良いじゃない | トップページ | 韓国製買うからこんなに高くつく »