« 鬼畜でも人権だけは守られる | トップページ | 谷垣が死んでも国は困らない »

公明が民進党の犬となる

公明・斉藤鉄夫憲法調査会長代理「民進党がダメと言うものは、ダメ」 憲法改正条項、野党の理解が前提
 公明党の斉藤鉄夫憲法調査会長代理は15日夜のBSフジ番組で、憲法改正をめぐり国会の憲法審査会で議論する条項に関し、野党第1党の民進党の理解を得ることが前提との認識を示した。議論を通じて与野党の幅広い合意を作ることが必要とした上で「民進党が『これはダメ』と言うものは、ダメだ」と述べた。
 斉藤氏は番組後、記者団に、これまで憲法審査会では少なくとも野党第1党が賛成して国会で発議することが確認されていると説明。「民進党がダメと言ったものは、野党第1党も含めた合意になることは難しいのではないか」と補足した。(以上(産経ニュース2016.7.15 23:15更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160715/plt1607150051-n1.html

 股座膏薬・公明党の斉藤鉄夫が、憲法改正は民進党がダメと言えばダメだとほざいた。
 少数政党のくせに、与党に紛れ込んで大臣の椅子を手にしている公明党が言う言葉ではない。憲法改正がダメなら、創価学会代表の公明党が反対すれば、衆参両院ともに改憲発議もできないのだから、民進党を引き合いに出す必要は皆無だ。憲法改正には、南朝鮮が反対しているから、創価学会の布教に影響があるから反対すると創価学会代表の公明党が自党の意見として出せば良いのだ。
 政教分離出来ていない股座膏薬・公明党など政党要件を剥奪するべきだ。(No.4878-2)

|

« 鬼畜でも人権だけは守られる | トップページ | 谷垣が死んでも国は困らない »

公明党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63922113

この記事へのトラックバック一覧です: 公明が民進党の犬となる:

« 鬼畜でも人権だけは守られる | トップページ | 谷垣が死んでも国は困らない »