« 選挙嫌いと岡田克也が逃げ出して | トップページ | 沖縄タイムスはどうやって調べたの »

浅はかな商店街の浅知恵か

ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客
 スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の人気にあやかろうと、ダイエー発祥の地として知られる大阪市旭区の「千林商店街」が30日、イベント「モンスター取り放題!!」を始めた。ゲーム上の有料アイテムを使って周辺にポケモンを集め、にぎわいをつくる作戦だ。
 アーケードの下で、スマホとにらめっこする人々の固まりがあちこちに見られる。「めっちゃいっぱいいる!」「千林来たの、何年ぶりやろな」「あ、ウナギ屋さんや」。スマホ片手に改めて店を見渡していた。
 約660メートルのアーケード街には、ゲームを有利に進めるアイテムがもらえる「ポケストップ」が11カ所ある。商店街振興組合IT部長でカバン店店主の柏木孝之さん(49)が、ポケモンを30分間呼び寄せられる有料アイテムを購入。自身のスマホを片手にポケストップを巡り、30日と31日の午前10時~午後7時にポケモンを大量に出現させる。
 30分間の「効力」が切れるまでに最初のポケストップに戻る。これを繰り返し、9時間連続でポケモンを呼び寄せる。アイテム購入予算は2万8千円。柏木さんは「費用対効果は高い」と話した。(上田真由美)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7Y6V9ZJ7YPTIL01Z.html

 大阪の商店街がポケモンGOを使って集客を図るそうだ。
 しかし、ポケモンGOを楽しんでいる人は、ポケモンを集めることが目的であり、ポケモンが沢山出るから、商店で買い物をする訳がない。使うのは精々、自動販売機と腹が空けば飲食店ぐらいだろう。まして、カバン屋などに立ち寄って商品を見るということも無いだろう。まあ、商店の中にポケモンが現れれば、その店には入るだろうが、商品購入には程遠いことだろう。街を歩いてポケモンGOをやっている者は皆スマホに見入っているだけだ。まだ、有料の充電スポットでも作った方がマシではないか?
 アイテム購入予算は2万8千円だが、目論見通りの費用対効果が期待出来るとは私は思わない。(No.4893-2)

|

« 選挙嫌いと岡田克也が逃げ出して | トップページ | 沖縄タイムスはどうやって調べたの »

「ゲーム」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63991467

この記事へのトラックバック一覧です: 浅はかな商店街の浅知恵か:

« 選挙嫌いと岡田克也が逃げ出して | トップページ | 沖縄タイムスはどうやって調べたの »