« 都知事選ある候補者にある本音 | トップページ | 生き残り賭けて野合の社民党 »

竹島も提訴仲裁裁判所

中国、裁定に圧力画策も裁判所側は「慎むように」と不快感 韓国は「竹島問題」警戒か
 南シナ海問題をめぐる仲裁裁判所の裁定に関して、中国が裁判所側に圧力をかけようと画策していたことが分かった。この法廷外活動に裁判所は不快感を示したとされ、思惑とは裏腹に中国は不利な立場に追い込まれていった可能性がある。(夕刊フジ)
 中国側の圧力については、仲裁裁判所が昨年10月、フィリピンの申し立ての一部について「管轄権を認める」とした裁定文の中で示された。
 裁定文は、当時の駐英国中国大使から仲裁裁判所所長への面会依頼があったと言及。裁定文は複数回にわたり「非公式な質問を受けてきた」とも指摘した。
 裁判所は2013年11月14日付で、中比双方に「仲裁人たちと片方の当事者だけで連絡を取ることを慎むように」とする書簡を送ったことも明らかにした。
 仲裁裁判所への中国の圧力は“前科”がある。
 英国際戦略研究所のアレクサンダー・ニール上級研究員は、12日付のシンガポールの中国語紙「聯合早報」で、「国際機関に台湾の参加を認めないよう手回しする外交戦術と似ている」と指摘。裁判所からの参加要請には応じず、仲裁人への圧力につながる行為を続けた今回の中国の行動には国際的な批判が高まりそうだ。
 一方、韓国では12日出された仲裁裁判所の裁定に、賛同する声が高い。
 13日付の朝鮮日報は、「中国は軍事的緊張を高める行動だけはすべきでない」と報道。東亜日報は「中国が裁定を無視すれば、米国と東南アジア諸国が協力対応するほかない。世界は中国が国際社会の指導国の資格があるのかを、裁定を受け入れるかどうかで判断するだろう」と、中国に裁定履行を促している。
 韓国外務省報道官は裁定が出る前の12日の定例会見で、裁定内容などに対しては「政府の次元で綿密に検討する予定だ」とも答弁。こうした反応の背景には、日本が竹島の領有権問題を仲裁裁判に引き出すのではないかとの懸念があるとの見方も出ている。(以上(産経ニュース2016.7.15 09:46)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/160715/wor1607150023-n1.html

 フィリピンからの申し立てで開かれた仲裁裁判所の判決で、中国の言い分がことごとく否定された。
 我が国では、南朝鮮が不法占拠している「竹島」問題があり、国際司法裁判所では南朝鮮が応訴しないからという理由だけで、南朝鮮の悪行三昧を放置している。しかし、仲裁裁判所ならば、南朝鮮が応訴しようがすまいが、裁判として裁定が下るのだから、南朝鮮の顔色など無視して、サッサと仲裁裁判所に提訴すれば良いのだ。
 竹島で南朝鮮が応訴しなくても、日本には種々の証拠があるのだから、提訴して竹島を取り返すのだ。(No.4877-2)

|

« 都知事選ある候補者にある本音 | トップページ | 生き残り賭けて野合の社民党 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63918260

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島も提訴仲裁裁判所:

« 都知事選ある候補者にある本音 | トップページ | 生き残り賭けて野合の社民党 »