« 沖縄からおかしくなった地方自治 | トップページ | おかしいと思う翁長の危機意識 »

沖縄の矛盾翁長も手に負えぬ

沖縄ヘリパッド移設の工事再開 バリケード撤去で混乱も
 米軍北部訓練場(沖縄県東村など)の一部返還の条件として日米が合意したヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設計画で、沖縄県警は22日早朝、移設予定地への進入路近くで反対派が車両を置くなどして築いていたバリケードの撤去を始めた。反対派市民らが激しく抗議し、警官たちともみ合いになっている。沖縄防衛局は午前6時ごろ、「ヘリパッドの移設工事を再開した」と発表した。
 県警が撤去を始めたのは、ヘリパッドの建設予定地に通じる県道沿いの進入口付近。沖縄防衛局は今月11日、反対派のテントから約2キロ離れた北部訓練場の正門で建設資材などの搬入を開始。政府は工事への協力を県に要請し、再開に向けた準備を進めていた。
 翁長雄志知事は6月、反対派に車両を移動させるよう文書で指導した一方、防衛局が県に連絡せずに11日に資材搬入を始めたことには「不意打ち的だ」と不快感を示していた。
 日米両政府は1996年、ヘリパッド6カ所を高江周辺に移設することを条件に、北部訓練場(約7800ヘクタール)の半分余りを返還することで合意。2007年にヘリパッド工事に着工し、14年までに2カ所が完成した。残る4カ所については、平和団体などが進入口近くを封鎖するなどして反対運動を続け、未着工のままだった。(以上(朝日デジタル2016年7月22日08時33分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7N00K9J7MTPOB004.html

 沖縄のヘリパッド移設計画で、反対派が翁長雄志が文書で指導しても邪魔を止めないらしい。
 沖縄の基地負担の軽減のための基地集約なのに、なぜ、反対をするのだろうか?ヘリパッドができたら、北部訓練場の半分を返還するってことでしょ。それも20年前に合意されたことで。それで、沖縄の基地面積が広いなどと言ってもしょうがないことだ。翁長雄志はとやかく言わずに、強制執行の準備をすれば良いのだ。実際に、機動隊を入れて、反対派を片っ端から逮捕をすれば、出自が分かって、本当に現地の「市民」かどうか分かるだろう。
 反対派市民と朝日新聞は書いているが実際は、自称市民だろう。(No.4884-2)

|

« 沖縄からおかしくなった地方自治 | トップページ | おかしいと思う翁長の危機意識 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63950570

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の矛盾翁長も手に負えぬ:

« 沖縄からおかしくなった地方自治 | トップページ | おかしいと思う翁長の危機意識 »