« 提訴せぬから韓国が跋扈する | トップページ | 伸晃が何を言っても変わるまい »

金払えば次のお代わり出してくる

元慰安婦支援、来月にも10億円拠出…政府
 政府は慰安婦問題を巡る昨年12月の日韓合意に基づき、韓国政府が28日に設立する元慰安婦を支援する財団に、8月中にも10億円を拠出する方向で調整に入った。
 複数の政府関係者が明らかにした。政府は在韓日本大使館前の少女像撤去に向けた韓国側の姿勢を見極めた上で、拠出時期を最終判断する考えだ。
 日韓両政府は昨年12月、〈1〉日本政府は元慰安婦支援のため、韓国が設置する財団に10億円程度を拠出〈2〉韓国政府は少女像について適切に解決されるよう努力――などと合意した。岸田外相と韓国の尹炳世ユンビョンセ外相は25日、ラオスで会談し、日韓合意の着実な履行を改めて確認した。(以上(読売新聞2016年07月26日23時32分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160726-OYT1T50090.html

 南朝鮮は自称慰安婦を支援する財団を作ったら、すぐに日本から10億円が手に入ると考えている。
 しかし、合意のもう一つの案件である日本大使館前の慰安婦像の撤去については、南朝鮮は「民間」とほざいて履行しようとしていない。それなのに、財団ができたから金を払うなど、詐欺に金をやるようなものだ。日本政府は、南朝鮮がちゃんと「努力」をして慰安婦像を撤去したことを確認してから、金を拠出するべきであって、今の段階で金を払う必要など皆無だ。朝鮮人は「嘘」を国是としているから、実行されるまで信じてはならないのだ。さらに言えば、自称慰安婦の中には、米軍慰安婦も紛れ込んでいるし、証言と事実が違う輩もカネ目当てで紛れ込んでいる。それも含めて、自称慰安婦を選り分ける必要がある。南朝鮮の言いなりになって、猫も杓子も慰安婦扱いにすることなど許してはならないのだ。
 今日本が金を払えば、慰安婦像の撤去と称して南朝鮮がカネをせびってくるのは火を見るより明らかだ。(No.4889)

|

« 提訴せぬから韓国が跋扈する | トップページ | 伸晃が何を言っても変わるまい »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63972652

この記事へのトラックバック一覧です: 金払えば次のお代わり出してくる:

« 提訴せぬから韓国が跋扈する | トップページ | 伸晃が何を言っても変わるまい »