« 引き取る用なし在日の犯罪者 | トップページ | 何を今更沖縄の左巻き »

翁長雄志物見遊山でどこへ行く

翁長知事が馬毛島視察…「沖縄側の一つの努力」
 沖縄県の翁長おなが雄志たけし知事は18日、おおさか維新の会が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の所属機の訓練移転先として提案している鹿児島県西之表市の馬毛まげ島を視察した。
 普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設を巡っては政府との協議が続いており、翁長氏は「沖縄県側の一つの努力だ」と強調し、移設先を「辺野古が唯一」とする政府をけん制した。
 馬毛島は沖縄本島から北東約580キロにある無人島。翁長氏は島の所有者から説明を受けながら約1時間半、島内を視察した。那覇空港に戻り、記者団に「可能性があるものは一つ一つ見ることが必要だ。私たちも前に進められるものがあれば、(政府側と)意見交換したい」と語った。
 翁長氏は普天間飛行場の沖縄県内移設に反対しているが、「私から、どの県に(普天間飛行場の代替施設を)造るのが合理的だとか、沖縄よりはその方が良いとか議論するつもりはない」と述べた。(以上(読売新聞2016年07月19日17時29分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160719-OYT1T50056.html

 翁長雄志が、わざわざ用も無いのに鹿児島県の馬毛島を視察したそうだ。
 馬毛島は、在日米軍が確認して無理だと言っている場所だが、何を物見遊山に翁長雄志は行ったのだろうか?それほど、沖縄県知事とは暇なものだろうか?それより、国からの振興予算3000億円台は、仲井間知事時代の合意事項だから、知事が代わったから当然、全面見直しになって、振興予算ゼロという回答もあり得るべきだ。普天間移設も仲井真知事時代に合意なされたことで、翁長に代わったから振り出し以前に翁長が戻したのだから、国も仲井間知事との振興予算の合意を破棄して、翁長雄志と新たに振興予算についてゼロベースから話し合うべきだ。(No.4882-2)

|

« 引き取る用なし在日の犯罪者 | トップページ | 何を今更沖縄の左巻き »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63941556

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長雄志物見遊山でどこへ行く:

« 引き取る用なし在日の犯罪者 | トップページ | 何を今更沖縄の左巻き »