« 野党ほど気軽な商売などはない | トップページ | 生き残り賭け何でもありの社民党 »

民進党責任転嫁だけ上手

民進・山井和則国対委員長代理 英紙風刺画“捏造”問題で誤りを認める 「外務省が否定しなかったので…」
 民進党の山井和則国対委員長代理は1日午前の記者会見で、5月30日の党会合で英紙「タイムズ」掲載の風刺画の人物を安倍晋三首相と決め付けて批判した件について、自身の認識の誤りを認めた。首相を批判する意図の風刺画だと思った根拠については、「(会合に出席した)外務省の方が否定しなかった」と述べた。山井氏の説明は以下の通り。
        ◇
 --現時点での認識は
 「『こういう風刺画が出てますよ』ということで、外務省の方にお話をさせてもらったら、外務省の方は『安倍総理が批判されている』という趣旨を否定はされませんでした。ですから私は『そういう風刺画なのかな』というふうに理解をしました」
 「ただ、後になって、外務省の方が『違う解釈もあるんではないか?』ということをおっしゃったので、『そうかな』というふうに思いました」
 --現時点では安倍首相を批判する意図のものではないという認識か
 「はい。そう思います」
 「まあ、外務省の方がそうおっしゃってましたからね。最初に聞いたときには外務省の方は、そういう意図であることを否定はされませんでしたので。はい」(以上(産経ニュース2016.6.1 11:21)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160601/plt1606010013-n1.html

 民進党の山井和則が、英風刺画の理解の誤りを正直に謝罪すれば済むことなのに、外務官僚に責任転嫁をした。
 本当に「図々しい」とは、民進党議員のことを指すというのが良く分かる。なぜ、謙虚に間違いを認められないのだろうか?子供時代からの人間としての教育がまともになされていなかった結果だろう。間違っていたら「ごめん」と子供でも言うぞ!民進党議員には、全員義務教育からやり直して欲しいとさえ思う。とても、被選挙権を持っている歳とは思えない態度だ。
 外務官僚が全て正しければ、民進党など不要だと山井和則は考えないのだろうか?何とかに付ける薬はないとはこのことだ。(No.4833-3)

|

« 野党ほど気軽な商売などはない | トップページ | 生き残り賭け何でもありの社民党 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63715104

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党責任転嫁だけ上手:

« 野党ほど気軽な商売などはない | トップページ | 生き残り賭け何でもありの社民党 »