« テレ朝じゃちゃんと管理もできゃしない | トップページ | 天王山の選挙民共と自民 »

北のミサイルたまに飛ぶから怖ろしい

「ムスダン」2発目、400キロ飛行か=1発目は失敗-北朝鮮
 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は22日午前5時58分(日本時間同)と同8時5分ごろ、東部の日本海沿いにある元山付近から新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイル2発を発射した。韓国軍は1発目は失敗し、2発目は「約400キロ飛行した」とみて、詳しく分析している。
 北朝鮮は4月以降、ムスダン発射を4回試みたが、発射直後に空中で爆発するなどして、いずれも失敗。韓国の聯合ニュースによると、最長でも数キロしか飛ばなかったという。だが、今回は一定距離を飛び、日本海に落下しており、技術面で改善が図られた可能性がある。
 ムスダンは推定射程2500~4000キロで、日本全域や米領グアムが圏内に入る。移動式発射台で運用するため、発射地点や兆候の把握が困難とされる。
 韓国政府は22日午前、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、対応を協議した。
 日本の防衛省などによると、1発目のミサイルは東方向に発射された後、複数に分離し、北朝鮮の東部沿岸付近に落下したとみられる。飛行中に不具合が生じたもようだが、エンジンなどに根本的な問題を抱えているとの見方もある。(以上(時事ドットコム2016/06/22-12:30)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062200240&g=int

 北朝鮮のミサイルがやっと約400キロ飛行したらしい。
 発射されたミサイルは「ムスダン」らしいが、6発目にしてようやく飛んだようだが、推定射程2500~4000キロというのは眉唾かも知れない。しかし、弾は、たまに当たるから弾、たまにしか当たらないから弾とも言われてきたが、北朝鮮の自称ミサイルは昔の鉄砲玉程度の物だろうが、日米のミサイル防御システムは、まともに飛んでいるミサイルを仮定してシステムが組まれているから、もし、日本に向かって発射された場合、その多くは自爆して日本まで届かないだろうが、たまに飛んできた将軍様のようにきまぐれなミサイルが本当に迎撃できるか分からないような気もする。(No.4854-3)

|

« テレ朝じゃちゃんと管理もできゃしない | トップページ | 天王山の選挙民共と自民 »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63814560

この記事へのトラックバック一覧です: 北のミサイルたまに飛ぶから怖ろしい:

« テレ朝じゃちゃんと管理もできゃしない | トップページ | 天王山の選挙民共と自民 »