« 中国の意のまま動く共産党 | トップページ | 初めて見たトップバリュの謝罪記事 »

舛添を庇えば支持率が下がる

政治資金、調査結果を公表=議会にも説明-舛添都知事
 東京都の舛添要一知事は6日午後4時から記者会見を開き、自らの政治資金問題をめぐる元検事の弁護士2人による調査の結果を公表する。調査結果では、法的責任の有無や、道義的責任について指摘される見通し。舛添氏はこれに先立ち、川井重勇都議会議長や、自民、公明など各会派に調査結果を説明した。
 舛添氏をめぐっては、高額な海外出張費や公用車を使った別荘通いに加え、私的な飲食費や家族と宿泊したホテル代を政治資金から支出するなどの問題が相次ぎ発覚。都民や都議会からの批判が高まっている。
 舛添氏は、これまでの記者会見や1日の都議会での所信表明では一連の問題について具体的に説明せず、辞職も否定している。
 都議会の各会派は、調査報告の内容を踏まえ、7日の代表質問や8日の一般質問で舛添氏を厳しく追及する構え。総務委員会に知事を呼び、一問一答方式の集中審議を行うことも視野に入れている。(以上(時事ドットコム2016/06/06-15:24)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060600427&g=pol

 舛添要一が、弁護士の調査結果を記者会見で公表するそうだ。
 しかし、資金による漫画などの一部書籍購入について「違法ではないが適切だったとは言いがたい」とほざいたらしいが、これで有権者が納得するはずもない。総務委員会にしても百条委員会にしても、それらが開催できるか否かは、自民党都議連が握っている。要するに、舛添要一を自民党が庇おうとすればするだけ、自民党への支持が逃げて行くと自民党は考えるべきだ。そして、舛添要一が都知事にしがみつけばつくだけ、参院選への影響が大きくなるばかりだろう。有権者としては、「民共合作」は嫌だが、舛添を擁護する自民党も嫌だという意識となり、その結果、投票に行っても仕方がないとして投票率が下がることが危惧される。
 自民党はサッサと舛添要一に引導を渡して、手を切るべきだ。そうしないと舛添を擁立したことで足を引っ張られるぞ!(No.4838-3)

|

« 中国の意のまま動く共産党 | トップページ | 初めて見たトップバリュの謝罪記事 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63739998

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添を庇えば支持率が下がる:

« 中国の意のまま動く共産党 | トップページ | 初めて見たトップバリュの謝罪記事 »