« 舛添を庇えば支持率が下がる | トップページ | NHKに喧嘩を売っている朝日 »

初めて見たトップバリュの謝罪記事

イオン、ランドセル3万3000個を自主回収
 イオンは6日、ランドセル「トップバリュ ランドセル」の約3万3000個を自主回収し、商品の交換や修理に応じると発表した。
 背中との接触面にある留め金部分がぐらつく可能性があるという。昨年4月~今年5月に全国の「イオン」などで販売した。
 対象は、「24色ランドセル」「マイカラーランドセル」など6種類のうち、製造時期を示す6桁の番号が「XU0301」「FW0501」「FS0211」などの商品。国内の提携工場で製造した際、留め金を打ち込む機械に不具合があったという。
 問い合わせは、トップバリュお客さま専用フリーダイヤル(0120・670・630)へ。(以上(読売新聞2016年06月06日19時21分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160606-OYT1T50130.html

 イオンのトップバリュがランドセルの自主回収をして、商品の交換や修理に応じるそうだ。
 もしかして、イオンが自社の落ち度を認めたのはこれが最初ではないだろうか?さすがに自社ブランドの「トップバリュ」で売っているので、提携工場に表向き責任転嫁ができなかったのだろう。しかし、裏では提携工場にしっかり責任転嫁をして、イオン本体が絶対に損をしないようにしていることは、これまでのイオンのやり方から見れば、誰もが納得することだろう。
 それにしても、約1年間問題に気づかなかったイオンの品質管理態勢に問題があり、これが食品だったらと思うとゾッとする。(No.4839)

|

« 舛添を庇えば支持率が下がる | トップページ | NHKに喧嘩を売っている朝日 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63743030

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて見たトップバリュの謝罪記事:

« 舛添を庇えば支持率が下がる | トップページ | NHKに喧嘩を売っている朝日 »