« 返上も口先だけというせこさ | トップページ | 人権で沖縄県を分断す »

オール沖縄という翁長の妄想

沖縄県民大会「県全体ではない」 菅官房長官
 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、元米兵による女性殺害容疑事件に抗議した沖縄県民大会に自民、公明両党が参加しなかったことに関連し、「よく県全体(の大会)という話がされるが、それはまったくあたらない。沖縄にある11市のうち9人の市長が出席していない。自民、公明、さらに維新も出席しなかった」と述べた。
 19日に那覇市であった県民大会は、翁長雄志(おながたけし)知事を支持するグループが主催し、主催者発表で約6万5千人が参加。在沖海兵隊撤退や、県内移設によらない米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去などを求める決議を採択した。これに対し菅氏は「一番危険な普天間の固定化は避けることが極めて重要だ」と述べ、普天間の名護市辺野古への移設が唯一の解決策とする従来の見解を重ねて示した。
 また、普天間の移設計画をめぐり、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」が17日、辺野古の海を埋め立てるための国の是正指示について適否の判断を避けたことに関連し、菅氏は「国の是正指示は有効だ。この結論に沖縄県に不服があれば、1週間以内に取り消し訴訟を提出するものと承知している」と述べ、県側が提訴すべきだとの見方を示した。翁長氏はすでに、当面は提訴しない考えを表明している。(以上(朝日デジタル2016年6月20日13時18分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6N3TZRJ6NUTFK003.html

 「オール沖縄」と称して行われた沖縄県民大会が、「オール沖縄」ではない事を菅官房長官が見事に暴いた。
 翁長雄志としては、「オール沖縄」の象徴として抗議集会をやりたかったのだろうが、そこにイデオロギーを入れたから、自民、公明、維新も参加しなかったし、9人の市長も出席していないのだから、これで、翁長雄志が「オール沖縄」と吠えてもまやかしに過ぎないとしか言えない。結局は、翁長シンパの集会になったのだが、本当に犠牲者を追悼する気があるのならば、イデオロギーを入れずにやれば良かったのだ。また、翁長雄志は、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」が辺野古の海を埋め立てるための国の是正指示について適否の判断を避けたことで、取消訴訟を起こさないと表明しているが、結局、辺野古移設に反対すると言うことは、普天間基地の危険をそのままにすると言うことであり、自己矛盾していることに気付くべきだ。しかし、龍柱まで建てて中国の属国を宣言したような翁長雄志には、中国の危険というのが全く理解できないようだが、もし、沖縄が中国の属国になれば、沖縄が新疆ウイグル自治区のようになるという認識を持つべきだ。
 偏向新聞社2社によって、事実をねじ曲げられた報道しか知らない沖縄県民は、もっとネット情報を見るべきだと思う。(No.4853)

|

« 返上も口先だけというせこさ | トップページ | 人権で沖縄県を分断す »

中国」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63808683

この記事へのトラックバック一覧です: オール沖縄という翁長の妄想:

« 返上も口先だけというせこさ | トップページ | 人権で沖縄県を分断す »