« 独法が計測すれば済む話 | トップページ | 暴力団送り込みたい無人島 »

韓国を助ける演習など要らぬ

韓国が共同訓練閉幕式で海自艦の入港拒否 「日本軍国主義の象徴」旭日旗にメディアが猛反発
 海上自衛隊や米韓両海軍などが5月25日~6月3日に韓国海域で行った共同訓練で、計画されていた韓国・済州島への各国艦船の入港が韓国側の判断で中止されていたことが4日、分かった。韓国の複数メディアが自衛艦旗である「旭日旗」を掲げる海自艦艇に激しく反発したことから、韓国政府が国内の反日感情に配慮したとみられる。
 訓練は韓国海軍主催の「西太平洋潜水艦救難訓練(パシフィック・リーチ)」で、日米韓のほか豪州、シンガポール、マレーシアの各海軍が参加した。海自は潜水艦救難母艦「ちよだ」と練習潜水艦「おやしお」を派遣。5月24日に韓国南部の鎮海海軍基地に入港し、海上訓練などを経て3日に済州島で閉幕式を行う計画だった。
 ところが鎮海入港に際し、海自艦艇が旭日旗を掲げていたことに複数の韓国メディアが反発。ハンギョレ新聞(電子版)は「かつての日本軍国主義の象徴だ」と指摘した。
 ただ、軍所属の艦艇が他国の港に入る際に国旗や軍艦旗を掲げるのは国際法上の要件で、海自幹部は「掲げない方が問題だ」と指摘。実際、これまで海自艦艇は10回以上も韓国を訪れているが、常に日の丸と旭日旗を掲げてきた。
 韓国海軍も旭日旗の掲揚には理解を示しているものの、5月末までに済州島入港の中止を各国に伝達。閉幕式は鎮海で行われた。
 海自は「韓国側から『現地の情勢を含む各種要素を考慮した』と計画変更の連絡があった」としている。官邸筋は「慰安婦問題もはらむ済州島に海自が入れば韓国世論がさらに反発する可能性が高い。入港中止は青瓦台(韓国大統領府)の意向では」とみている。
 日韓の防衛協力をめぐっては、平成24年6月に「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を締結する予定だったが、国内世論の反発を受けた韓国政府が署名式直前にキャンセル。昨年12月末には海自と韓国海軍がアフリカのソマリア沖・アデン湾で共同訓練を行ったが、韓国側は国内世論に配慮し実施の公表を控えるよう海自に求めていた。(以上(産経ニュース2016.6.5 08:00)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160605/plt1606050007-n1.html

 南朝鮮が共同訓練閉幕式で、日本の海自艦艇の入港を自衛隊旗である「旭日旗」を理由に拒否された。
 それならば、もう、日本は南朝鮮と合同訓練などやらなければ良いのだ。どうせ、日本が南朝鮮を助けることはあっても、南朝鮮に日本が助けられると言うことは無いのだから!そもそも、他国の隊旗である「旭日旗」に反対すること自体、南朝鮮との国交を継続することも含めて考える内容だ。合同訓練は、ある意味、南朝鮮を北朝鮮から守るというデモンストレーションなのだから、日本がそれに参加する意味はない。嫌がられてまで、南朝鮮に加担することは無いのだから、サッサと手を切れば良いのだ。ここでも、理由として慰安婦問題まで南朝鮮は出してきているが、昨年末に自称慰安婦問題は決着したではないか。それをグジグジ人間の腐った奴のようにほざき続ける朝鮮人とは縁を切るべきだ。また、朴正煕が拒否をしたため、そのまま日本に居続けている在日朝鮮人も強制送還して、日本国内を除鮮するべきだ。さらに、海自と南朝鮮海軍がソマリア沖・アデン湾で共同訓練を行ったことを南朝鮮は公表を控えろとほざいたらしいが、公表できない如何なることも南朝鮮とはやる必要はない。
 日本は、南朝鮮を見放し、朝鮮半島有事の際に難民が日本に押し寄せてきたら、海自によって上陸前に難民船を全て撃破するべきだ。(No.4837)

|

« 独法が計測すれば済む話 | トップページ | 暴力団送り込みたい無人島 »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63733171

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国を助ける演習など要らぬ:

« 独法が計測すれば済む話 | トップページ | 暴力団送り込みたい無人島 »