« 先見の明があったと安倍総理 | トップページ | 政界に民進党の用はなし »

民主だとどうなってたか分からない

アベノミクスの宴終わったと民進=与党、参院選に懸念-英国民投票
 英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことを受け、与野党幹部から影響を懸念する声が相次いだ。民進党の岡田克也代表は24日の記者会見で、「アベノミクスの宴(うたげ)は終わった」と述べ、安倍政権の経済政策を改めるよう求めた。
 岡田氏は「円安・株高が逆回転し出した。EU離脱問題もさらに拍車を掛ける。しばらく円高になる可能性が極めて高い」と指摘。「気掛かりなのは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用する国民年金資金だ。既に5兆円程度の損失が出ていると言われる中で、(株安で)年金(支給額)の引き下げにもつながりかねない事態になるのではないか」と懸念を示した。
 一方、自民党の谷垣禎一幹事長は「世界経済、金融・為替市場に与えるリスクを憂慮する」とのコメントを発表。政府に対して「日銀や経済界と連携し、金融市場の安定、円高や株価対策等への対応に万全の備えをしてほしい」と求めた。
 党内には「EU離脱は参院選にも影響する。政府が打つ対策にかかっている」との声も漏れた。公明党の山口那津男代表は名古屋市での街頭演説で「冷静に、マイナスの効果が最小限になるように知恵を出し合って協力して乗り越えていかなければならない」と語った。この後、記者団に「こういう時だからこそ安定政権が必要だ」と述べた。
 おおさか維新の会の松井一郎代表は24日、大阪府庁で記者団に「著しい円高は日本の国力を下げる。政府がしっかり対応すべきだ。対岸の火事では済まない」との考えを示した。(以上(時事ドットコム2016/06/24-18:40)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062400703&g=pol

 英国のEU離脱に対して、岡田克也が「アベノミクスの宴は終わった」と宣ったそうだ。
 それならば、民主三バカ政権が続いていたならどうなっていたか考えたことがあるのだろうか?民主三バカ政権時代、円相場も1ドル50円を考えなければならないとさえ言われていたのだから、実際に、民主党政権だったら1ドル50円という自体になっていた可能性が強い。また、株価も民主党政権時代7000円台だったのだから、今回のEU離脱で5000円を割り込んでいた可能性だってある。それを棚に上げて何を宣うのかと言いたい有権者が、反「民共合作」に流れることだろう。アベノミクスがあったからこそ、ここで踏みとどまっているだけであって、民主党政権が続いていれば、日本は真っ暗闇になっていたことは誰もが想像できることだ。民進党が何を言っても、民主党時代の総括さえまともにやっていないのだから、全て「民主三バカ政権よりマシ」と受け取られるだけだ。まして、民進党は嘘吐き民主党とニセ維新が合作してできた党なのだから、何一つとして信頼できることはない。それに、事実を言えば、歩く国賊・菅直人のように告訴されるから、このような党は日本にあってはならないのだ。「民共合作」で選挙互助会を作ったようだが、民進党が共産党と手を組むと言うことは、日本から「民主主義」を駆逐して「共産主義」に手を貸すということを忘れてはならない。
 もし、民主党政権が続いていたなら、日本は既に大恐慌に巻き込まれていた可能性が高いと思うのだが・・・(No.4857-2)

|

« 先見の明があったと安倍総理 | トップページ | 政界に民進党の用はなし »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63826854

この記事へのトラックバック一覧です: 民主だとどうなってたか分からない:

« 先見の明があったと安倍総理 | トップページ | 政界に民進党の用はなし »