« 共産の本音がやっと出るテレビ | トップページ | 前原も自分のことはもう忘れ »

イオン票集め勝てると踏む岡田

民進・岡田克也代表がついに退路断つ 地元候補落選なら「次期党代表選に出ない」
 民進党の岡田克也代表は26日、三重県四日市市の街頭演説で、7月10日投開票の参院選の三重選挙区で野党統一候補が敗れた場合、責任を取って9月に予定する党代表選に出馬しないと明言した。
 三重は岡田氏の地元だが、自民党と民進を含む野党統一候補が接戦を演じている。岡田氏は演説で「(野党統一候補)と私は盟友で一蓮托生(いちれんたくしょう)。その候補が落ちるようなら、次の代表選に出ない」と明言。
 報道各社が、序盤情勢で与党の優勢を伝えたことにも触れ「報道のようになると、衆参で憲法改正の発議ができるようになる。参院で自民党が単独過半数を得たら、もう公明党の言うことも聞かなくなる。ここは歯止めが必要だ」と危機感をあらわにした。
 岡田氏は、与党が英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、与党が経済危機を乗り切るために「安定政権が必要」などと訴えていることについても「だまされないでほしい。もう十分(国会で)安定多数を持っている」などと反論した。(以上(産経ニュース2016.6.26 14:53)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160626/plt1606260020-n1.html

 民進党の岡田克也が三重選挙区で民進党候補が落選すると「次期党代表選」に出ないと宣った。
 岡田克也としては、実家のイオングループを集票マシーンと岡田家への忠誠を頼りにこのようなことを宣ったのだろう。しかし、「民共合作」である以上、民進党に投票すると言うことは、共産党の中国のような独裁政権樹立への手助けになるのだ。旧民主党とニセ維新の合併劇でも、少数のニセ維新の言いなりになって民進党を作ったのだから、共産党が少数だからといって油断してはならない。同じことをやる可能性が高い、民進党丸ごと共産党への鞍替えだってあり得るのだ。
 さて、三重県の民進党候補はイオン関係者と一蓮托生なのだ。それゆえに堕とす必要があるのだ。でも次は蓮舫か?(No.4859-2)

|

« 共産の本音がやっと出るテレビ | トップページ | 前原も自分のことはもう忘れ »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63835859

この記事へのトラックバック一覧です: イオン票集め勝てると踏む岡田:

« 共産の本音がやっと出るテレビ | トップページ | 前原も自分のことはもう忘れ »