« 生長の家は法人格を取り上げろ | トップページ | バカがバカにされたと怒っている細野 »

シルク好きなら自腹で買えば済む話

舛添氏“珍答弁” シルクは「つるっとして書きやすい」
 「珍答弁」に磨きがかかってきたようだ。舛添氏は10日の記者会見で、書道用にシルクの中国服を購入した理由について、柔道で鍛えた筋肉のせいだと説明したのだ。
 舛添氏は「私は柔道をやっているので、ここ(肩など)がものすごく張っている。背広はひっかかるというか、外から見えないが腕、ここの筋肉がものすごくある」とマッチョぶりを自慢した。その上で「どうしても窮屈になる。(中国服は)つるっとしているので、よりスムーズに書ける」と力説した。
 舛添氏は、東日本大震災発生翌日の2011年3月12日、中国・上海でシルクの男性用中国服2着などを購入、計約14万円を政治資金から支出した。(以上(ZAKZAK2016.06.11)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160611/plt1606111552006-n1.htm

 とうとう、舛添要一は頭がおかしくなったようだ。
 誰もシルクの中国服を買うのが悪いと言っているのではなく、政治資金で買ったから問題だと言っているのに、シルクの服での書き心地など全く頓珍漢な答えとしか言えない。誰も、中国の服を買ったのが悪いとも言っていない。また、舛添の体型がどうだろうが、そのような物は関係ない。それすら、舛添要一は分からないだけ頭が混乱しているのだろう。
 シルクの中国服が良ければ、誰もそれを否定しないから、自腹で買えば済んでいたことだ。(No.4843-3)

|

« 生長の家は法人格を取り上げろ | トップページ | バカがバカにされたと怒っている細野 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63762770

この記事へのトラックバック一覧です: シルク好きなら自腹で買えば済む話:

« 生長の家は法人格を取り上げろ | トップページ | バカがバカにされたと怒っている細野 »