« 前原も自分のことはもう忘れ | トップページ | 民進はノダノミクスが良かったの? »

民主政権棚に上げなきゃ責められぬ

アベノミクス議論…自民・下村氏と民進・安住氏
 自民党の下村博文総裁特別補佐と民進党の安住淳国会対策委員長が27日夜、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、安倍首相の経済政策「アベノミクス」をめぐり、意見を戦わせた。
 下村氏は、「アベノミクスを野党は失敗だと言うが、道半ばだと思う。それを前進させるか、後退させるかが問われる選挙だ」と強調した。安住氏は「いわゆる地方や中間層のところまでは、(波及効果が)全く来ていないことは数字ではっきりしている。その意味でアベノミクスは大幅な修正を迫られている」と指摘した。(以上(読売新聞2016年06月27日 23時18分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160627-OYT1T50151.html

 テレビで自民党下村氏とちびっ子ギャング・安住淳がアベノミクスで議論した。
 民主三バカ政権で財務相をやって日本の経済を貶めた前科のあるちびっ子ギャング・安住淳に「アベノミクス」をとやかく言う資格など無いと思う。それならば、民主三バカ政権時代のデフレスパイラルが今の経済状況よりも良かったと安住が言うのならば分かるが、民主三バカ政権によって疲弊した日本経済をここまで取り戻したのは「アベノミクス」であることは明白だ。重箱の隅を突いた数字をちびっ子ギャング・安住淳が引き合いに出して「アベノミクス」をどうこう言っても、それならば、お前が財務相の時に何をしたのか?ということに安住淳は答えるべきだ。雇用も増えたし、民主三バカ政権時代にはできなかった賃上げもできるようになったではないか。それでも、民進党を推す連合や労組は何を考えているのか全く分からない。
 民進党が何を言おうが、前世の民主三バカ政権の悪行三昧に比べれば、アベノミクスは全てにおいてマシなのだ。(No.4860)

|

« 前原も自分のことはもう忘れ | トップページ | 民進はノダノミクスが良かったの? »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63838865

この記事へのトラックバック一覧です: 民主政権棚に上げなきゃ責められぬ:

« 前原も自分のことはもう忘れ | トップページ | 民進はノダノミクスが良かったの? »