« オール沖縄という翁長の妄想 | トップページ | 民共合作同床異夢の物語 »

人権で沖縄県を分断す

「沖縄は先住民族」勧告の撤回を ジュネーブの国連人権理事会で豊見城市議が訴え
 【ジュネーブ=田北真樹子】スイス・ジュネーブの国連欧州本部で20日に開かれた人権理事会で、沖縄県豊見城市議の宜保安孝(ぎぼ・やすたか)氏(39)が、国連の2つの委員会が日本政府に対して沖縄の人々を「先住民族として承認すること」を求めた勧告について、「沖縄県民は日本人としての誇りと自己認識を持っており、先住民族としての自己認識は持っていない」と訴え、勧告の早期撤回を求めた。
 沖縄県民が人権理事会で勧告の撤回を求めたのは初めて。豊見城市議会は昨年12月22日に勧告撤回を求める意見書を採択している。
 国連自由権規約委員会は2008年10月の日本に関する最終見解で、沖縄の人々を「先住民族」と初めて認定し、「彼らの文化遺産および伝統的生活様式を保護し、保存し、促進し、彼らの土地の権利を認めるべきだ」と勧告した。人種差別撤廃委員会も先住民族の承認を求める最終見解を14年9月に出している。
 宜保氏は、日本の一部の非政府組織(NGO)が国連で沖縄の人々を「先住民族だ」と報告したことが勧告につながったとして、「これらの報告は、県民が知らないところで勝手に行われていた」と訴えた。(以上(産経ニュース2016.6.21 00:46)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160621/plt1606210004-n1.html

 国連人権理事会で、沖縄県豊見城市議の宜保安孝氏がNGOが報告した「沖縄は先住民」という嘘を否定した。
 国連人権理事会は、おかしなNGOの意見に動かされるおかしい組織だ。人権問題というならば、中国の少数民族への弾圧をいの一番に指摘しなければならないが、そのような大きな人権問題には見向きもせずに、沖縄県民が先住民族だということを嘘に従って決めつけているのだから、どうしようもない組織だ。また、そこに暗躍している一匹が、今度参議院選に出る「ヘイトスピーチ法」の成立に執念を燃やした有田芳生だ。国連自由権規約委員会が、沖縄の人々を「先住民族」として認定して「彼らの文化遺産および伝統的生活様式を保護し、保存し、促進し、彼らの土地の権利を認めるべきだ」と勧告したが、これこそ余計なこと以外の何物でもない。日本国内、各地で独自の風習があるが、それを弾圧など日本はしていない。
 日本のNGOは、何か差別利権を持っているのだろう。この様なことを県民の知らない所で決まったこと自体おかしい。(No.4853-2)

|

« オール沖縄という翁長の妄想 | トップページ | 民共合作同床異夢の物語 »

内政干渉」カテゴリの記事

国連」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63808955

この記事へのトラックバック一覧です: 人権で沖縄県を分断す:

« オール沖縄という翁長の妄想 | トップページ | 民共合作同床異夢の物語 »