« 初めて見たトップバリュの謝罪記事 | トップページ | 舛添の詰め腹切らせるのは石破 »

NHKに喧嘩を売っている朝日

朝ドラと企業家、蜜月なぜ NHKが宣伝に加担してる?
 「朝ドラ」の愛称で親しまれるNHKの連続テレビ小説で、企業の創業者をモデルにした作品が続いている。放送後には、出演した俳優らがドラマでのイメージそのままのCMに出演するケースも。なぜ、実在の企業人にスポットを当てるのか。理由を探ってみると――。
 「竹鶴さん、あなたがウイスキーづくりに注いだ情熱は、今もこのグラスに息づいています」。ニッカウヰスキーのテレビCMでグラスを傾けるのは、俳優の玉山鉄二。朝ドラ「マッサン」(2014年9月~15年3月)で同社の創業者、竹鶴政孝がモデルの主人公を演じた。
 玉山は朝ドラ終了の3カ月後、同社の「アンバサダー(大使)」に就任。CMはドラマのロケ地、北海道の余市蒸溜(じょうりゅう)所で撮影された。広報担当者は起用の理由を「朝ドラ効果で視聴者がウイスキーを想起しやすい」と説明する。
 「マッサン」では、サントリーの創業者鳥井信治郎をモデルにした人物も登場。演じた堤真一も昨年4月から、同社の「ウイスキーアンバサダー」を務めホームページや航空会社の機内誌などに露出する。サントリーは「ウイスキーへの知識が深く品質などを丁寧に伝えてもらえる。朝ドラとは関係ない」とするが「ドラマでウイスキーになじみのなかった人も関心を持ってくれた。市場が拡大しているのは確かだ」と、効果の大きさを認める。
 今年4月に終了した「あさが来た」で波瑠が演じたヒロインは、大同生命などの創業者・広岡浅子がモデル。現在放送中の「とと姉ちゃん」では、高畑充希が雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎮子(しずこ)がモデルの人物を演じている。そして今秋からの「べっぴんさん」は、子ども服メーカー「ファミリア」創業者の坂野惇子(ばんのあつこ)がモデルの物語だ。
 大同生命広報部は「当社の創業者の一人、広岡浅子が広く知られ、営業担当から『営業活動がしやすくなった』との声もある」と話す。ファミリアは「問い合わせや取材依頼が増えた。より多くの方に知ってもらえる機会になれば」。NHKの看板番組だけに、企業側には「宣伝効果」への期待も大きい。(以上(朝日デジタル2016年6月6日19時16分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ636KS5J63UCLV013.html?

 新聞記事で朝鮮中国に加担する朝日新聞が、NHKの朝ドラに噛みついた。
 確かに、NHKが放送法83条「他人の営業に関する広告の放送をしてはならない」を疎かにしているというのは良く分かる。昔は著作権法違反行為をしても放送法83条をNHKは守っていた。その典型が、紅白歌合戦で山口百恵の歌「プレイバックPart2」の歌詞「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」と歌詞のイメージをぶっ壊しても、放送法83条に固執していた。また、NHKの広島のローカル番組では、先月のマツダの生産台数を堂々と放送している。NHKがおかしいと言うのは良く分かるが、朝日新聞には言われたくないとNHKも思っているのではないだろうか?
 朝ドラのこの一件も、朝鮮がらみで電通が裏で糸を引いていると考えたら、簡単に理解できると思う。(No.4839-2)

|

« 初めて見たトップバリュの謝罪記事 | トップページ | 舛添の詰め腹切らせるのは石破 »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

知財権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63743903

この記事へのトラックバック一覧です: NHKに喧嘩を売っている朝日:

« 初めて見たトップバリュの謝罪記事 | トップページ | 舛添の詰め腹切らせるのは石破 »