« 税金で尻ぬぐいさす菅直人 | トップページ | 軍属も元米兵と書く朝日 »

舛添がボーナスまでと逃げまくる

第三者へ調査依頼=6月初めに結果公表-政治資金問題・舛添都知事
 東京都の舛添要一知事は20日、自身の政治資金問題をめぐり、政治資金規正法に詳しい外部の弁護士らに調査を依頼することを明らかにした。都庁での定例記者会見で「私の説明に対する『分かりにくい』『信じ難い』という声を、真摯(しんし)に受け止めている。第三者の厳しい目で調べてもらった方がいいという結論になった」と述べた。
 その上で「(調査に)2カ月、3カ月かけるということではない。6月1日から都議会が始まるので、都議会に迷惑が掛からないようにしたい」と強調。6月初めをめどに、確認できた事実関係を公表する考えを示した。
 舛添氏は「心から深くおわびする。疑念を持たれていることは、恥ずかしいことだと思っている」と改めて陳謝。自身の進退については「全身全霊で良い仕事をして、都民の信頼を回復したい。その一念だ」と語り、辞任を再度否定した。
 この日の会見は約2時間15分に及んだ。しかし、一連の問題や疑惑をただす質問には「第三者にチェックしてもらう」と繰り返すにとどまった。説明を先送りした形で、さらなる批判を招きそうだ。
 舛添氏をめぐっては、高額な海外出張費や公用車を使った週末の別荘通いに批判が高まる中、政治資金疑惑を週刊誌が報道。これを受け13日の会見で、自身の政治団体の収支報告書に、家族と宿泊したホテル代や私的な飲食代が計上されていたことなどを認め、約45万円を返金する意向を示していた。
 ただ、その後も政治資金の使途に疑念を抱かせる問題が相次ぎ発覚。ネットオークションで購入した美術品代を「資料代」として計上していたり、東京都世田谷区の自宅兼事務所の家賃(月額約44万円)を、妻が代表を務める会社に支払っていたりしたことが、新たに分かった。(以上(時事ドットコム2016/05/20-18:13)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052000509&g=pol

 朝鮮禿・舛添要一が昨日記者会見を開いたが、第三者の調査とほざいて逃げまわっていた。
 昔の政治家ならば、山本権兵衛のシーメンス事件のように疑念を抱かれただけで辞任をする潔白さがあったが、朝鮮禿・舛添要一は言い訳すらせずに、都知事の椅子に恋恋しているだけだ。「恥ずかしい」と本当に思っているのならば、即時、都知事を辞任した上で、政党助成金と都の税金の無駄遣い分を全額返金するのが筋だ。そもそも、自前で雇った弁護士が調査をしたからと言って、何を信じれば良いのだろうか?弁護士とは依頼主の利益を最優先にするのだから、全く意味が無い。それよりも司法当局の判断に委ねた方が良いが、朝鮮禿・舛添要一は、都知事のボーナスまでは居座り続けるつもりだろう。
 既に舛添要一に対して刑事告発もなされているのだから、東京地検特捜部は告発状を受理して、弁護士より先に事実を明らかにするべきだ。(No.4822-2)

|

« 税金で尻ぬぐいさす菅直人 | トップページ | 軍属も元米兵と書く朝日 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63662063

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添がボーナスまでと逃げまくる:

« 税金で尻ぬぐいさす菅直人 | トップページ | 軍属も元米兵と書く朝日 »