« ネットから北朝鮮を切り離せ | トップページ | 韓国から伝わってくるのは寝言 »

アメリカの世論のように捏造す

悲しみ、無言で表現 市民団体ワシントンで 米軍属女性遺棄
 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】平和と社会正義を求めて活動する女性たちで組織する「コード・ピンク」が26日、ワシントンで米軍属女性遺棄事件を受け抗議行動を実施した。メンバーはマイクを使ったアピールではなく「基地反対」などと書かれたプラカードを掲げて沖縄からの米軍基地撤去を無言で訴えた。同時に事件の犠牲となった女性の遺影を掲げ、犠牲者に擬して地面に横たわり抗議の表明をする「ダイ・イン」で深い悲しみと怒りを表現した。
 抗議行動はコード・ピンクのメンバーで母親が県出身のアリス・クリマ・ニューベリーさん(22)が企画した。ニューベリーさんは「この悲しみや怒りは言葉で表現することができない。米国市民にも沖縄の現状を知ってもらいたい」と語った。抗議行動には退役軍人で組織する「ベテランズ・フォー・ピース」など米市民団体のメンバーや、辺野古新基地建設に反対する海外有識者の呼び掛け人の一人、ブラウン大のスティーブ・ラブソン名誉教授、全米女性連盟創設者のステファニー・オートレバ弁護士らも参加した。
 抗議行動ではニューベリーさんが口に黒のガムテープをし、沖縄の声なき声を表現。地面に横たわる人たちの上には血を模した布がかぶせられ、残酷な事件を表した。
 事件のことを初めて知ったというマーク・クリタさんは(55)=ワシントン=は「悲劇的な事件だ。なぜ海兵隊は沖縄に駐留し続けないといけないのか。オバマ大統領はなぜこの問題に目を向けないのか、失望した」と述べた。
 抗議行動に参加したラブソン名誉教授は「日米両政府は謝るだけでは駄目だ。沖縄の声を聞き、実行すべきだ」と強調。オートレバ弁護士は「米軍基地がある所には女性への暴力が存在する。米軍は沖縄から撤退するしかない」と指摘した。(以上(琉球新報2016年5月28日05:04)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-287385.html

 琉球新報が、極少数のアメリカ人による「基地反対」行動をあたかも全米でそのような動きがあるかの如き記事を出した。
 本当に自分たちの好きなことしか記事に書かない新聞記者擬きの集まりだとしか考えられない。本当にこの記事の内容が全米の動きであるならば、アメリカは世界の基地の撤退を考えているだろう。しかし、米軍が撤退すれば、中国が出しゃばってくるというのは世界の常識、琉球新報の非常識なのだ。それゆえに、フィリピンでは、また、米軍が駐留するようになった。それは、南沙諸島への中国の進出が問題だという認識すら、偏向報道・琉球新報にはないのだ。それとも、取材する新聞記者擬きの数が足らないから、都合の良いことだけを取材しているのだろうか?
 逆に、売国新聞・琉球新報と沖縄タイムスがある限り、沖縄から米軍の撤退などあり得ないのだ。(No.4829-3)

|

« ネットから北朝鮮を切り離せ | トップページ | 韓国から伝わってくるのは寝言 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63695322

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの世論のように捏造す:

« ネットから北朝鮮を切り離せ | トップページ | 韓国から伝わってくるのは寝言 »