« 文春に暴かれ舛添も終わり | トップページ | 共産と共に進むとロゴが言う »

日本よりイオンのための平和主義

9条巡り党首討論 平和主義「壊れる」「貫かれている」
 安倍晋三首相と民進党の岡田克也代表による18日の党首討論では、憲法9条の平和主義をめぐって論戦となった。岡田氏は夏の参院選をにらみ、自民党憲法改正草案の9条を「平和主義が壊れる」と批判。首相は「平和主義が貫かれている」と反論した。
消費増税「従来通りに」「先送りを」 党首討論で論戦
 自民党草案では9条で「自衛権の発動を妨げるものではない」と定めている。岡田氏は集団的自衛権を含め自衛権の行使を限定なく認めているとして、「集団的自衛権の行使を全面的に認めることにしたとき、憲法の平和主義は壊れる。絶対に認めるわけにはいかない」と批判した。
 その上で岡田氏は、「個別的自衛権しかダメだという(憲法)解釈は今も正しい」「今の憲法9条を当面変える必要はない」と主張した。
 これに対し、首相は「必要な自衛の措置しか我々はとらない。侵略は二度としない」と述べ、「自民党草案でも平和主義が貫かれていることは間違いない」と反論。9条改正については「改憲できないという勢力が3分の1以上いればできないし、(発議に必要な)3分の2の形成を図るなかで(草案の)多くは修正されていくことになる」と述べ、合意形成を目指していく考えを強調した。
 首相は9条も含めた自民党草案を「国民に議論してもらうたたき台として一石を投じる役割を果たしている」と評価。「民進党も最低限、草案を出さなければ議論しようがない」と岡田氏に憲法改正に向けた党の考え方を示すよう求めた。
 これに対し、岡田氏は「草案を出すつもりはない。本当に必要な憲法改正の項目があれば議論したい」とし、憲法改正を目指す首相と、改正の必要性から議論すべきだとする岡田氏の違いが鮮明となった。(石松恒)(以上(朝日デジタル2016年5月18日22時57分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ5L5WR6J5LUTFK00T.html

 イオンの権化・岡田克也が党首討論で、憲法9条の改正は「平和主義」が壊れると宣った。
 しかし、日本の憲法改正に反対を示しているのは、世界でも、中国と南朝鮮だけだ。それらの国とイオンの権化・岡田克也との繋がりを考えると、どちらも、イオンの産地偽装したトップバシュ製品をイオンに売っている国なのだ。要するに、イオンの権化・岡田克也としては、平和主義云々よりも、実家のイオンの商売にとってマイナスになるとしか考えていないのだ。それを表に出せないから、「平和主義」という隠れ蓑を使っているだけだ。岡田克也は、憲法9条がこのままで良いとほざくならば、憲法9条下で、南朝鮮に不法占拠されている竹島を憲法9条の有難みを朝鮮人に説いて、返還させるべきだ。それができたならば、岡田克也のほざく憲法9条をこのままにというのに同意してやる。
 岡田克也は、日本の利益よりも実家のイオンの利益を優先するだけの政治屋だから、決して選挙で民進党及び民進党議員に投票してはならないのだ。(No.4820-3)

|

« 文春に暴かれ舛添も終わり | トップページ | 共産と共に進むとロゴが言う »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63653829

この記事へのトラックバック一覧です: 日本よりイオンのための平和主義:

« 文春に暴かれ舛添も終わり | トップページ | 共産と共に進むとロゴが言う »