« 被害者でなければならぬのがコリア | トップページ | 二代目はノーと言われた市長選 »

舛添が強気で逃げる「猿芝居」

舛添都知事と自民“猿芝居” 強気居直りも追及する気なし
「政治資金に精通した弁護士にひとつひとつ見ていただく」「厳しい第三者に公正に調査いただく」「第三者の厳しい視点で精査いただく」─―。
 政治とカネをめぐる疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事。2時間超に及んだ20日の定例会見は同じフレーズの繰り返しだった。「第三者」という言葉を50回も連発した。
 記者から疑惑の説明を求められても、「政治資金規正法に通じた第三者の弁護士に調査を依頼する」の一点張り。あらゆる質問を突っぱねた。調査がまとまるまで自分の口で話すことはないという。しかし、それでいて弁護士の選任はおろか、いつまでにどんな調査をするのかもハッキリしない。
 どうやら舛添都知事は第三者機関を立ち上げることで、このまま追及をかわす作戦らしい。
「知事選で支援した自民幹部にクギを刺され、いつもの傲慢な態度は控えていますが、辞任する気はサラサラない。第三者調査は時間稼ぎに過ぎません。〈調査中〉をタテに、今後は一切の質問をシャットアウトしようという魂胆です。本人は逃げ切れるとニンマリしています」(都庁関係者)
 2台の中古車購入、自分の似顔絵入りまんじゅうの大量購入、事務所費還流など、新たな疑惑も持ち上がっている。都民の大半が「舛添不要」で固まっているのに、こうまで強気に居直っているのは、都議会自民党の足元を見透かしているからだ。自民党都議団は舛添を辞めさせるつもりはないという。
「自民党都議団の舛添嫌いは相当なものですが、本気で引きずりおろす気はありません。いま辞められても、適当な“ポスト舛添”がいないし、ヘタをしたら批判の矛先が自民党に向かい、7月の参院選へダメージを与えかねないからです。それに、弱った舛添知事は都議団や都庁職員には好都合。扱いやすくなりますからね。うっかり野党系の改革派の知事が後釜に座ってひっかき回されたらたまらないというわけです」(都政関係者)
 6月1日に開会する都議会は茶番劇になりそうだ。7日に代表質問、8日に一般質問、さらに9日と13日の総務委員会が予定されているが、自民党都議団は舛添知事を厳しく追及する気はない。こうなったら、野党だけでも本気で攻めないとダメだ。(以上(日刊ゲンダイ2016年5月22日)より引用)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181875

 一昨日、朝鮮禿・舛添要一が2時間以上も記者会見をして、第三者の弁護士に調査依頼をするで逃げ通した。
 そのようなことをしなくても、東京地検特捜部に強制捜査をして貰えば、すぐに法に触れているか否か位すぐ分かるのだ。依頼した弁護士が、依頼者の朝鮮禿・舛添要一の不都合なことまで暴くことはないし、例え違法行為があったとしても、政治資金規正法では、会計責任者の罪が問われるだけで、朝鮮禿・舛添要一の罪まで問えなくしてあるのだ。
 それより、大問題なのは自民党都議連だろう。ヘタをしたら批判の矛先が自民党に向くとのんきなことを考えているようだが、何もしない自民党の姿を見れば、参院選にも悪影響を与える以外の何物でもあるまい。自民党都議連は、都議会で朝鮮禿・舛添要一の責任を徹底的に追求して、悪者は朝鮮禿・舛添要一だということを世の中に見せつけない限り、同じ穴の狢としか有権者は受け取らないだろう。そうなると、「民共合作」に利するだけだ。朝鮮禿・舛添要一は、自民党が除籍しながら、都知事に推したという自民党の後ろめたさを利用して強気で居座っている所に、頭から氷水をブチ掛けることこそ、自民党の取る態度だ。
 自民党が党勢を維持するには、朝鮮禿・舛添要一の責任を徹底的に責めない限り、「民共合作」に負けるぞ!(No.4823-3)

|

« 被害者でなければならぬのがコリア | トップページ | 二代目はノーと言われた市長選 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63668004

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添が強気で逃げる「猿芝居」:

« 被害者でなければならぬのがコリア | トップページ | 二代目はノーと言われた市長選 »