« 民進は時間潰しと重箱と | トップページ | 「オリーブの木」これが小沢の断末魔 »

地位協定知らないバカが翁長です

翁長氏、地位協定見直し含め対応要求…首相会談
 安倍首相は23日午前、米軍属の男が沖縄県うるま市の女性会社員の遺体を遺棄した疑いで逮捕された事件への対応をめぐり、首相官邸で沖縄県の翁長おなが雄志たけし知事と会談し、オバマ米大統領に厳正な対処を求める意向を伝えた。
 翁長氏は日米地位協定の見直しを含む対応を要求した。
 首相は「今回の事件はあってはならないものだ。身勝手で卑劣きわまりない犯罪に強い憤りを覚える」と述べ、日米首脳会談でオバマ氏に米軍の綱紀粛正や再発防止の徹底を要請する考えを伝えた。
 翁長氏は「綱紀粛正と再発防止は何百回と聞かされたが、何も変わっていない。米軍基地があるが故の犯罪であり、大きな怒りと悲しみを禁じ得ない」と述べた。基地負担の軽減も改めて要請し、「オバマ大統領に直接話をしたい。その機会を作るようお願いする」と会談の設定を求めた。(以上(読売新聞2016年05月23日12時27分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160523-OYT1T50034.html

 米軍軍属の遺体遺棄事件を受けて、翁長雄志がこれ幸いと安倍総理に談じ込んだそうだ。
 それならば、翁長雄志は普天間移転問題も、アメリカ旅行などせずに安倍総理と話し合えば良いのだ。それが、外交権も無いくせにシャアシャアとアメリカまで出張って、アメリカの相手にしてくれた末端議員、日本で例えれば有田芳生のような輩とお茶を飲んで、外交気分に浸ったのだろう。それならば、今回の事件も、アメリカに乗り込んで国防総省と直談判すれば良いのだ。既に、アメリカは、国務長官が謝罪しているではないか。それに今回の事件は、地位協定とは関係のない事件であり、沖縄県警が容疑者も確保しているではないか!アメリカが地位協定を主張していれば、容疑者を起訴するまでは身柄を日本に移せないのだが、国務長官も、日本の裁判で、と言っているではないか!
 翁長雄志は、もし、この事件が中国人によって引き起こされた事件だったら、宗主国と崇める中国に文句を言う気だろうか?(No.4825-2)

|

« 民進は時間潰しと重箱と | トップページ | 「オリーブの木」これが小沢の断末魔 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63676315

この記事へのトラックバック一覧です: 地位協定知らないバカが翁長です:

« 民進は時間潰しと重箱と | トップページ | 「オリーブの木」これが小沢の断末魔 »