« トランプになればどうする駐留費 | トップページ | 無知だからとっても強いトランプ氏 »

トランプになったら良いね辺野古沖

辺野古 大型クレーンでフロートを移動
 名護市辺野古のキャンプ・シュワブ第3ゲート前で6日午前10時ごろ、大浦湾んから撤去されたフロートを大型クレーンがつるし上げて移動する作業が確認された。海上では正午までに目立った動きはない。
 同ゲート前には新基地建設に反対する市民ら約40人が集まり、大型クレーンの作業を見ながら「念願だった海の囲い込みを政府に断念させた」「県民に海を返せ」と声を上げた。(以上(沖縄タイムス2016年5月6日12:22)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166931

 沖縄の辺野古では、日本の大局が理解できない連中が、気勢を上げている。
 アメリカの大統領がトランプ氏になって、日本が在日米軍への駐留経費の全額負担を断れば、普天間だけでなく嘉手納基地も辺野古のキャンプ・シュワブも日本に返還されるだろう。しかし、そうなった場合、どうなるかという大局を見られないのが、左翼のオツムの弱い所だ。もし、在日米軍が引き上げれば、自衛隊の駐留がなければ、簡単に中国の餌食になってしまうだろう。自衛隊が駐留すれば、同じように基地が必要だ。また、沖縄が中国の属国になったら、中国の軍事拠点として、今以上の基地が構築されるだろう。そして、今香港で起こっている弾圧が、沖縄でも繰り返されるだろう。さらに言えば、沖縄タイムスや琉球新報は、当局に検閲されて、「報道の自由」などと悠長なことが言い続けられるか考えたら分かるはずだ。
 左巻き連中は、本当に自分たちのことを考えているのだろうか?中国に特別扱いをして貰えるとでも高をくくっているのだろうか?(No.4807-3)

|

« トランプになればどうする駐留費 | トップページ | 無知だからとっても強いトランプ氏 »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63589558

この記事へのトラックバック一覧です: トランプになったら良いね辺野古沖:

« トランプになればどうする駐留費 | トップページ | 無知だからとっても強いトランプ氏 »