« 考えることがやっぱり社民党 | トップページ | 舛添に誰も納得しやしない »

無駄な金また使わせるのが翁長

政府、辺野古海上のフロート撤去
沖縄との訴訟和解で

 政府は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の海上で立ち入り禁止区域を示すフロート(浮具)の撤去を始めた。工事で生じる汚れが周辺海域に広がるのを防ぐオイルフェンスも取り外す。作業完了まで少なくとも数週間かかる見通し。
 辺野古移設を巡る訴訟の和解に伴い、埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事の処分の効力が回復したため、沖縄県側が撤去を要求。政府側は14日の協議で応じる方針を示していた。和解を受け、移設関連工事は現在も中断している。(以上(共同通信2016/4/30 10:50)より引用)
http://this.kiji.is/98954367165187573?c=39546741839462401

 政府は、翁長雄志のワガママを聞くために、辺野古沖のフロートとオイルフェンスを取り外すことを決めた。
 しかし、工事再開となれば、再度取り付ける必要があり、取り外しと取り付けという二重の無駄になるだけだ。
 悪意ある翁長雄志と話し合っても、時間の無駄であり普天間の危険な期間が延びるだけだ。左巻き新聞に騙された沖縄県民は目を覚ましたらどうだ?(No.4801-2)

|

« 考えることがやっぱり社民党 | トップページ | 舛添に誰も納得しやしない »

中国」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63558537

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄な金また使わせるのが翁長:

« 考えることがやっぱり社民党 | トップページ | 舛添に誰も納得しやしない »