« さて次は山尾志桜里の番ですが | トップページ | 共産党は堂々と盗る募金 »

風評もやりそうだから流される

電通・NHK、「パナマ文書」で風評被害 似た名が記載
 各国の指導者や親族らがタックスヘイブン(租税回避地)を利用していた実態を暴いた「パナマ文書」に関連し、ネット上で「企業名が文書に載っている」「租税回避しているのではないか」などと根拠もなしに書き込まれる風評被害が相次いでいる。
 被害に遭っているのは広告最大手の電通とNHKだ。朝日新聞がパナマ文書を確認したところ、いずれも社名に類似した名前の会社が見つかった。「DENTSU SECURITIES INC」(英領バージン諸島)という会社について、電通の広報担当者は「徹底的に調査したが、当社の関連会社には存在しない」と説明する。
 「NHK GLOBAL INC」(パナマ)という会社についてNHKの広報担当者は「NHK及び関連団体と関係はない」と説明。同局の番組ツイッターでもうわさの否定に追われている。(五十嵐聖士郎、沢伸也)(以上(朝日デジタル2016年4月24日03時04分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ4R5W73J4RUUPI00B.html

 電通・NHKが「パナマ文書」で風評被害を受けているそうだ。
 パナマ文書の中に類似の名前の会社が見つかったということがネットで拡散しているそうだ。電通の広報担当者は「徹底的に調査した」と言っているが、自社にそのような子会社がないかという点と「DENTSU SECURITIES INC」がどのような会社かということを明らかにすれば済む話だ。また、NHKも「NHK GLOBAL INC」という会社がNHK及び関連団体と関係ないとのことだが、その事実を公表すれば済む話だ。
 電通とNHKが風評被害に晒されるのは、言い方は悪いかも知れないが、日頃の行いから、そうしてもおかしくないと見られている社風にも問題があると思う。(No.4795-2)

|

« さて次は山尾志桜里の番ですが | トップページ | 共産党は堂々と盗る募金 »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

風評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63529614

この記事へのトラックバック一覧です: 風評もやりそうだから流される:

« さて次は山尾志桜里の番ですが | トップページ | 共産党は堂々と盗る募金 »