« 連合も三行半のマニフェスト | トップページ | お隣もやはりやること民主党 »

翁長がいるから普天間が戻らない

普天間早期返還を米政府に要請
宜野湾市長

 【ワシントン共同】訪米中の沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長は26日、国務省のヤング日本部長ら米政府高官と相次いで会談し、米軍普天間飛行場(同市)の早期返還を求めた。ヤング氏は日米合意に基づき名護市辺野古への移設を推進する考えを伝えた。会談後、佐喜真氏が記者団に明らかにした。
 一方、佐喜真氏は、沖縄県の要請に基づき日本政府が目指す同飛行場の5年以内の運用停止について、会談で触れなかった。米側は辺野古への移設工事の遅れを踏まえ、飛行場を継続使用する方針を崩していない。(以上(共同通信2016/4/27 08:58)より引用)
http://this.kiji.is/97833701581014523?c=39546741839462401

 宜野湾市長が訪米して、普天間飛行場の早期返還を求めた。
 しかし、米軍としては、合意した通り辺野古への移転ができれば、サッサと普天間基地を返すと言っているのだから、中国の犬・翁長雄志が辺野古移転反対を頑張れば頑張るほど返還が遅れるだけだ。中国の脅威を考えれば、普天間基地を閉鎖するだけでは済まないのが現実だ。
 現実的でない翁長雄志を県知事に据えている限り、普天間が先か辺野古が先かという素人が見てもすぐ分かる答えが出ないのだ。(No.4798)

|

« 連合も三行半のマニフェスト | トップページ | お隣もやはりやること民主党 »

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63543535

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長がいるから普天間が戻らない:

« 連合も三行半のマニフェスト | トップページ | お隣もやはりやること民主党 »