« ガソリンで辞職山尾を道連れに | トップページ | 無駄な金また使わせるのが翁長 »

考えることがやっぱり社民党

オスプレイ熊本派遣「災害の政治利用」社民・照屋氏が批判
 【東京】熊本地震でMV22オスプレイが物資を輸送した件で、政府は28日、全国に自衛隊の輸送機などは約310機あるが、オスプレイが派遣される前に、被災地で災害活動に携わっていたのは74機だったとする答弁書を閣議決定した。照屋寛徳衆院議員(社民党)の質問主意書に答えた。
 照屋氏は「自衛隊保有の輸送体制に余剰があったことがわかった。オスプレイの安全性をアピールするパフォーマンスで、災害の政治利用だ」と批判した。
 答弁書によると、3月末時点で、九州に所在する自衛隊の輸送機と陸自の多用途機は回転翼機が約40機あり、九州以外では固定翼機は約40機、回転翼機は約230機あった。
 オスプレイが初めて災害支援に参加した前日の17日時点で派遣されたのは、九州所在の回転翼23機で、九州以外は固定翼9機、回転翼42機だった。修理・点検中や、ほかの任務に従事する航空機以外の運用可能な自衛隊機は最大限活用していたとした。オスプレイによる自衛隊員の輸送は行わなかったという。
 米軍の支援は24日に終了した。政府は「現時点でオスプレイを含む米軍航空機の追加派遣要請を改めて行う予定はない」としている。(以上(沖縄タイムス2016年4月29日10:24)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166049&f=i

 責任の一切無い社民党の照屋寛徳が、熊本地震にオスプレイを依頼したことが、パフォーマンスだとほざいた。
 全く、照屋寛徳は無知の権化としか言いようがない。単に、九州以外に自衛隊ヘリが230機あったとしても、それを動かすには、操縦士、乗組員、整備員とその交代隊員、そして、それらの隊員の水、食料と兵站(ロジスティックス)まで考えていないのだ。兵站を整えるためには、それなりの時間が必要だという思考さえ、社民党には無いのだ。また、全国の自衛隊ヘリを熊本周辺に集めたとして、他の地域で、震災が起こらない保証はない。また、被災地では、水、食料等の配送が死活問題だったのだから、米軍のオスプレイに依頼するということは、日米安保の観点からも当然のことだ。また、オスプレイに依頼した期間も必要最低限の期間に過ぎない。それを言うならば、自衛隊ヘリも多数余っていながら、阪神淡路大震災では、ヘリからの消火作業を止めて死者の数を増やしたのは、社民党の村山富市ではないか!
 社民党は、既に死に体なのだから、黙っていれば良いのだ。何をほざいても、富市の尻ぬぐいでお仕舞いなのだ!(No.4801)

|

« ガソリンで辞職山尾を道連れに | トップページ | 無駄な金また使わせるのが翁長 »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63557840

この記事へのトラックバック一覧です: 考えることがやっぱり社民党:

« ガソリンで辞職山尾を道連れに | トップページ | 無駄な金また使わせるのが翁長 »