« 徳永エリなら刑事告発受理される | トップページ | 被災地に政治家などは不要です »

野党なら何をやっても逮捕せず

“嘘と政治資金ミステリー”今度は衆院選直前に不可解な「500万円の移動」 週刊新潮が報道
 民進党の山尾志桜里政調会長(41)に、新たな疑惑が浮上した。2014年末の衆院選直前、500万円もの大金が同日中に「山尾氏→選挙区総支部→山尾氏」と移動しており、週刊新潮が「脱税」の疑いを指摘したのだ。山尾氏は、プリペイドカードを使った多額のガソリン代を政治資金収支報告書に記載しながら、根拠も示さず「秘書が不正をした疑いがある」と釈明したばかり。一体、どうなっているのか。(夕刊フジ)
 新たな疑惑は、14日発売の週刊新潮が、《法と証拠に基づかず秘書をワルにして居座り!》《民進党「山尾志桜里」政調会長の嘘と政治資金ミステリー》という記事で報じた。
 同誌が「選挙運動費収支報告書」や、山尾氏が支部長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の報告書を調べたところ、14年末の衆院選直前、注目すべき「カネの動き」があったという。
 14年11月21日に、民主党(当時)から山尾氏は「公認料500万円」を受け取り、10日後の12月1日、山尾氏から総支部に「寄附金」として500万円を計上した。ところが、同じ12月1日、今度は総支部から山尾氏に「選挙費用」として500万円が移動している-というのだ。
 夕刊フジでも報告書を調べたところ、500万円の移動が確認できた。
 週刊新潮は、政治資金に詳しい税理士の話として、山尾氏から総支部へ寄附することで、申請すれば「寄附金控除のための書類」を受け取ることができ、「所得税を減らすことも可能になる」「(寄附金控除を受けた場合は)ざっと170万円の税金を浮かすことができる」「実際は寄附を行っていないのに控除を受けていたとしたら、脱税が疑われる」という見解を紹介している。
 実は、この500万円の件は、ガソリン疑惑が発覚した直後から、永田町の一部で注目されていたという。
 政治資金に詳しい永田町関係者も「同じ日に500万円を『山尾氏→総支部→山尾氏』と移動させるメリットは、週刊新潮の指摘ぐらいしか考えられない」と語った。
 ただ、元検事である山尾氏がそんな“錬金術”をしていたとは、にわかに信じがたい。
 そこで、夕刊フジでは不可解な資金の流れを指摘したうえで、「脱税、節税目的で資金を移動した事実はあるのか」などとFAXで質問した。すると、山尾事務所から文書で「現在事実関係を確認中です」との返答があった。(産経ニュース2016.4.15 07:04)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160415/plt1604150012-n1.html

 疑惑のデパート化した山尾志桜里の別の疑惑が浮上した。
 昨日、田母神氏が特捜部に逮捕されたが、現職の国会議員となると公職選挙法違反であっても、徳永エリのように不起訴処分で済むのだ。甘利氏についても、検察が調査に乗り出したという報道があったが、なぜか、山尾志桜里については、本人の釈明にもならない釈明だけで、あとはノウノウと国会質疑までやっている。なぜか、検察も民進党には甘い対応をしているとしか思えない。委員会室内のセクハラ行為を行った津田弥太郎にしても、警視庁麹町署が告発状を受理せず、あれだけの画像証拠があっても取り調べさえされていない。また、公職選挙法違反案件でも、有田芳生は放し飼いだ。
 検察は、国会会期終了後速やかに山尾志桜里の事情聴取をして「政治とカネ」の全貌を明らかにするべきだ。(No.4786)

|

« 徳永エリなら刑事告発受理される | トップページ | 被災地に政治家などは不要です »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63488572

この記事へのトラックバック一覧です: 野党なら何をやっても逮捕せず:

« 徳永エリなら刑事告発受理される | トップページ | 被災地に政治家などは不要です »