« 野党なら何をやっても逮捕せず | トップページ | 総理の良識被災地の邪魔をせず »

被災地に政治家などは不要です

自民・二階総務会長が激怒「ネットでぶつぶつ言っている人は現地にお見舞いに行け」 民進党公式ツイッターに
 自民党の二階俊博総務会長は15日の記者会見で、熊本県を震源とする最大震度7の地震に関連して民進党公式ツイッターが東日本大震災への自民党の対応を批判したことについて「インターネットでぶつぶつ言っている人は、早く党として現地にお見舞いに行くなどしなきゃいけない」などと皮肉った。
 二階氏は「地震の発生に、あのときのような対応をしてはいけないという反省がある。われわれが反省することではなくて、与党の対応に反省の余地がある」と当時政権を担っていた民進党(旧民主党)の対応を批判。被災者の救済、けが人や物資不足への対策などの必要性を強調し「災害が発生したらやらなきゃいけないことがいっぱいある。後ろを向いて物を言っとるときじゃない」と述べた。
 民進党の公式ツイッターは14日、東日本大震災当時の自民党の対応について「ダメでしょうね」と書き込み、「一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です」と続け、15日に削除した。(以上(産経ニュース2016.4.15 13:50)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160415/plt1604150050-n1.html
 民進党が公式ツイッターで自民党の罵詈雑言を書き込んだことに対して、自民党の売国奴・二階俊博が余計なことをほざいた。
 民進党のツイートよりは、まだ、二階俊博が方がマシかもしれないが、被災地にとって一番不要なのは政治屋の視察だ。そいつらを守るために警察も手を割かなければならないし、被災自治体の首長など、一番忙しいのに政治屋の見学会に引っ張りまわされるのだから、政治屋など被災地に行く必要はない。必要なのは、被災地が必要としている物資を素早く現地の届けるシステムの構築だ。
 どうせ、民進党が視察に行っても、防災服の襟を立てたおばさんが邪魔をするのだから、政治屋はおとなしくしていろ!(No.4786-2)

|

« 野党なら何をやっても逮捕せず | トップページ | 総理の良識被災地の邪魔をせず »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63489611

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地に政治家などは不要です:

« 野党なら何をやっても逮捕せず | トップページ | 総理の良識被災地の邪魔をせず »