« 山尾まで自分のことは棚に上げ | トップページ | 公開はTTPよりまず山尾 »

山尾隠しに勤しむのは朝日

甘利氏の疑惑 説明責任はどうなった
 『甘利明・前経済再生相の現金授受問題で、東京地検特捜部が強制捜査に乗り出した。
 政治家や秘書が口利きの見返りに対価を受け取れば、あっせん利得処罰法違反になる。
 甘利氏や元秘書が千葉県の建設会社側から受け取った600万円は、どんな趣旨なのか。
 甘利氏は見返りとは無関係の政治献金という認識を示しているが、建設会社の総務担当者は元秘書らによる都市再生機構(UR)との補償交渉への介入と、補償金の支払いが実現したことへの謝礼の意味だったと証言している。
 双方の主張は大きく食い違うが、政治家側がカネを受け取り、依頼者の求めに応じて役所などに働きかける――そんな口利きがもしあったとしたら、言語道断である。東京地検は実態の全容解明に全力をあげてもらいたい。
 同時に、忘れるわけにいかないのは、甘利氏自身が説明責任を果たしていないことだ。疑惑があれば、捜査当局の解明を待つまでもなく、自ら国民に説明する。それが国民の代表である国会議員の責任だ。
 甘利氏自身、大臣辞任を表明した1月末の記者会見で「弁護士による調査を続け、しかるべきタイミングで公表する」と約束したはずである。
 過去に政治とカネの疑惑に問われた他の政治家には「捜査当局に資料が押収され、事実関係が確認できない」などと弁明する例もあった。だが甘利氏の場合は、大臣辞任後2カ月半、調査期間があった。途中経過であっても公表できるはずだ。』(以上(朝日新聞2016年4月10日(日)付)より部分引用)
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

 民主党の山尾志桜里の「政治とカネ」の問題をうやむやにするために、マスゴミは甘利氏についての追求を始めた。
 甘利氏については、司法も動いているのだから、本人が公の場で説明をすることが無いのは、前例から見ても明らかだ。しかし、朝日新聞でも社説にまでこうして記事を載せると言うことは、読者の目をガソリーヌ山尾から逸らそうという意図しか見えない。
 説明責任というのならば、元気なガソリーヌ山尾を責めれば良いのだ。報道をしない自由でガソリーヌ山尾を守っているとしか言いようがない。(No.4782)

|

« 山尾まで自分のことは棚に上げ | トップページ | 公開はTTPよりまず山尾 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63464371

この記事へのトラックバック一覧です: 山尾隠しに勤しむのは朝日:

« 山尾まで自分のことは棚に上げ | トップページ | 公開はTTPよりまず山尾 »