« よく読めば民主に残っている岡田 | トップページ | 二匹目のドジョウ民進党にいやしない »

安保があるから守られる沖縄

「安保法廃止まで闘う」 沖縄県庁前で250人決意
 歴代政権が憲法9条の下で禁じてきた集団的自衛権行使を解禁する安全保障関連法の施行を受け、「戦争法廃止!安倍政権の暴走を許さない3・29沖縄集会」(沖縄平和運動センター主催)が29日午後、那覇市の県庁前の県民ひろばで開かれた。
 約250人が参加。日米の軍事一体化や南西地域の防衛力増強などに反対し、「民意を突きつけ、法を実働させず、廃止まで闘おう」と声を上げた。
 同センターの山城博治議長は「この事態を歯ぎしりしながら怒りで迎えた。国民の暮らしを台無しとし、弾圧する法だ。我々の力で稼働させない、食い止める」と、決意を語った。
 県憲法普及協議会の会長、高良鉄美琉大教授は「大学で憲法を教えているが、本当に信じられない。憲法違反と言われながら、なぜそのまま施行になるのか」と指摘した。
 また、昨年8月のうるま市沖で着艦に失敗した米軍ヘリコプターに陸自隊員が同乗していた事実を取り上げ、「すでに沖縄で集団的自衛権行使に向けた日米の共同訓練が始まっている。私たちが必死になって止めないといけない。主権者として沖縄から責任を持ってこれではいかんと、訴えよう」と呼び掛けた。
 参加者らは法廃止を目指した全国の運動と連携することを確認し、ガンバロー三唱で締めくくった。(以上(沖縄タイムス2016年3月29日13:26)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160915
 日米安保で安全を守られてる意識の欠如した沖縄の左巻きが反対集会を開いた。
 一介の大学教授に過ぎない高良鉄美が、安保法を憲法違反だと断ずることができるのかどうかというのも分からない専門バカ達が先導するのだから質が悪い。沖縄平和運動センターの山城博治議長にしても、沖縄県警がバカだから娑婆に居られるだけだ。日米安保があって沖縄の安全が守られているという発想が無いのだから、始末に負えない輩の集まりだ。しかし、集まっているのが250匹だけと左巻き新聞・沖縄タイムス発表だから、実際の数はもっと少ないのではないか?それを沖縄の総意のように報道する沖縄タイムスも「報道の自由」で守られているのだから始末が悪い。
 たった250匹の集会で、沖縄の総意だと報道する沖縄タイムスを抑える法律が欲しいとさえ思う。(No.4770-3)

|

« よく読めば民主に残っている岡田 | トップページ | 二匹目のドジョウ民進党にいやしない »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63412040

この記事へのトラックバック一覧です: 安保があるから守られる沖縄:

« よく読めば民主に残っている岡田 | トップページ | 二匹目のドジョウ民進党にいやしない »