« 日本を貶めるためいる創価 | トップページ | 公約に増税すると書け安住 »

民主党言ってることが分からない

消費増税「再延期なら安倍政権は退陣を」 民主・細野氏
■細野豪志・民主党政調会長
 2年前の衆院解散のとき、安倍総理は会見で「今回のような景気判断による再延期は行わない。これは明確であります」と言った。前回の解散は消費税引き上げの18カ月延期と同時に、次は10%にすることを国民に約束した解散だ。仮に増税をさらに先延ばしすれば、アベノミクスの失敗にとどまらず安倍政権そのもの、経済政策の敗北と言って過言ではない。
 再延期で解散という話が出ているが、前回の解散の経緯からとても納得できなし、説明が通るものではない。仮に先延ばしするのであれば、安倍政権そのものが退陣するのが筋ではないか。(記者会見で)(以上(朝日新聞2016年3月22日17時24分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ3Q5GQHJ3QUTFK00J.html

 民主党のモナ男が、消費増税を先送りするのならば、安倍政権は退陣しろと宣ったそうだ。
 その理由として、前回解散で消費税率引き上げの18ヶ月延期を約束したから、さらに先延ばしするのは、モナ男が納得できないからという理由だが、その発言の中に国民の利益という観点が全く欠如している。今もまだ、消費税率8%に上げた後遺症から脱していない段階で、公約通り消費税増税をやれと言うことは、日本経済を民主三バカ政権時代に戻せに等しい発想だ。それとも、モナ男は野田豚が政権を維持して、経済など一切省みず、財務省に洗脳された政策をやっていれば、今より良くなったとでも言うのだろうか?アベノミクスがあったからこそ消費税率8%に上げても、今の程度で済んでいるというのが普通の認識だろう。
 それならば、民進党はモナ男が言う通り、消費税増税を打ち出して参院選に臨むべきだ。(No.4764-2)

|

« 日本を貶めるためいる創価 | トップページ | 公約に増税すると書け安住 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63385296

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党言ってることが分からない:

« 日本を貶めるためいる創価 | トップページ | 公約に増税すると書け安住 »