« 台湾にNOと言われる維新案 | トップページ | 死人に口なし加害者の言い逃れ »

真実を言えばメディアに叩かれる

「子を産めない人は寄付を」 「2人以上」発言の校長
 『大阪市鶴見区の市立茨田北(まったきた)中学校の2月末の全校集会で「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと。仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある」などと発言した寺井寿男校長(61)が12日、朝日新聞の取材に応じ「人口が減るなかで、日本がなくならないためには女性が子どもを産むしかない。間違った発言とは思わない」と述べた。』
 『■「公人として配慮を欠いた発言」
 関西大の赤尾勝己教授(教育学)の話 人生をどう生きるかは個人個人で考えることで、他人が指図するべきことではない。社会には結婚をしたくてもできない人もいるし、夫婦になっても子どもを産まないという選択肢もある。今回の発言は、多様な生き方を否定するような発言だ。特に公人であり、生徒と向き合う校長がこのような画一的・硬直的な発言をしたことは、配慮を欠いた発言と言わざるをえない。』(以上(朝日新聞2016年3月12日18時55分)より部分引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3D4SV1J3DPTIL008.html

 全校集会で「女性は二人以上産む」との発言をした校長がバッシングを受けている。
 しかし、出生率が2を切れば、日本の人口は減少して行くというのは、真実以前の常識だ。しかも、男女平等と言っても子供を産めるのは女性だけと言うのも常識だ。それを話しただけで、メディアから大バッシングというのは如何なものだろうか?また、朝日新聞は、関西大の赤尾の話を引用しているが、多様性社会の実現のためには、出生率を犠牲にして良いのか?不足した分は、左巻きが要求しているように移民を入れれば済む話だろうか?全く、物事の順序を弁えない学者の言い分だ。
 それよりは、校長の話で、「子供を産んだ後、大学やキャリアを積む社会」を実現する方が余程か重要だと思う。(No.4754)

|

« 台湾にNOと言われる維新案 | トップページ | 死人に口なし加害者の言い逃れ »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63338302

この記事へのトラックバック一覧です: 真実を言えばメディアに叩かれる:

« 台湾にNOと言われる維新案 | トップページ | 死人に口なし加害者の言い逃れ »