« マンガでも顔すら書けぬ菅直人 | トップページ | 各党で選挙をすれば良い話 »

報告書ならばサッサと作ってる

間違えた他生徒万引は25年10月…「万引生徒」名を口頭伝言、誤入力のあと確認もせず 学校側調査報告書「学校に責任あり」
 広島県府中町立中3年の男子生徒=当時(15)=が昨年12月、誤った万引記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題で、3年前の万引事案があった翌日に校内暴力が発生し、対応に追われた同校が、5者面談など内規に定められた生徒本人への確認などを怠っていたことが10日、同校などがまとめた調査報告書で分かった。また万引は日曜日に起きたが、同校では休日に発生した生徒の問題行動への具体的な取り決めがなく、ずさんな対応が繰り返されたという。報告書は自殺について「不適切な対応や指導が明らかになり、学校としての責任があった」と結論づけている。
 報告書は2月29日付で作成され、全48ページ。生徒の自殺後、同校と町教育委員会が担当教諭らから聞き取りするなどして作成した。
 報告書によると、万引事案は平成25年10月6日に発生。広島市内のコンビニエンスストアから、同校の1年生の男子生徒2人が万引したと学校に連絡があった。出勤していた教諭が応じ、本来なら担任らに報告する必要があったが、休日のため担任らへの対応を先送り。自ら店に駆けつけ、2人の保護者を呼んで店に謝罪させるなどした。
 この教諭は翌7日、万引事案について生徒指導担当の教諭に口頭で報告。この際、担当教諭は生徒指導ノートにメモを取らず、誤って自殺した男子生徒の名前をサーバーに誤入力した。
 さらに同じ日に、1年生による教諭への校内暴力事案が発生。生徒指導の担当教諭らはこの対応を優先した。翌8日、生徒の問題行動などについて話し合う「生徒指導推進委員会」が開かれ、後に自殺する男子生徒が万引したとする会議資料が出された。
 当時の推進委では出席者から誤りの指摘があり、全員が誤記を認めたが、「サーバー上のデータを修正するという習慣はなかった」(坂元弘校長)といい、会議資料は訂正されないままサーバーに残された。
 同校では万引事案発生の際、生徒と保護者、担任らによる5者面談や別室指導、奉仕活動の特別指導をすることになっていたが、校内暴力への対応に追われるなか、こちらも実施しなかったという。(以上(産経WEAT2016.3.10 12:34更新)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100037-n1.html
 広島県府中町立中学で起こった生徒の自殺に対して、学校はサッサと弁解をまとめた報告書を出したそうだ。
 どのような保身の言い訳を並べて48ページの報告書を作っても、生徒の命は帰らない。それを分かって、形式だけの報告書を手際よく作ったという神経自体が信じられない。公務員は、自分の保身のためならば、何でもやるから、結局、何が悪くてこの結果になったかなど分からないだろう。
 府中町教育委員会は、教育長、校長、教頭、担任の懲戒免職処分を行うしか、故人に詫びる術がないことを悟るべきだ。(No.4751-3)

|

« マンガでも顔すら書けぬ菅直人 | トップページ | 各党で選挙をすれば良い話 »

公務員」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63325795

この記事へのトラックバック一覧です: 報告書ならばサッサと作ってる:

« マンガでも顔すら書けぬ菅直人 | トップページ | 各党で選挙をすれば良い話 »