« 新聞記事が真実か分からない | トップページ | 日本を貶めるためいる創価 »

相談しても見殺し児童相談所

児童相談所が保護見送り 両親から虐待を受けていた男子中学生が自殺 神奈川・相模原
両親から虐待を受け、相模原市児童相談所に通所していた中学2年の男子生徒(14)が自殺を図り、2月末に死亡していたことが22日、市への取材で分かった。児相は親の承諾なしに強制的に保護する権限があり、男子生徒は児童養護施設への入所を求め、児相も両親に入所を説得したが、両親は拒否したため一時保護する結果にはならなかった。

 市によると、平成25年秋に当時小学校6年生だった男子生徒の顔にあざがあることを通っていた小学校の教諭が気付き、市に通報。児相は同年11月に虐待案件と認定。両親は児相の呼び出しに応じた上で男子生徒と通所し、指導を受けていた。しかし、その後も両親による虐待は続き、男子生徒は児相に何度も「児童養護施設で暮らしたい」などと訴えていたという。
 26年10月上旬に両親が児相による一時保護の方針をかたくなに拒んだため、男子生徒の通所を停止。その後、男子生徒が進学した中学校は児相に「保護を求めている」と通報したが、児相は「親子の関係が改善してきている」と判断し、保護を見送った。男子生徒は同年11月に親類宅で自殺を図ったという。男子生徒は意識不明が続いていたが、今年2月に死亡した。
 児相の鳥谷明所長は「親子の状態は少なくとも良い方向に向かっていたと思われ、職権を使う急迫した状態にはなかったと考えている」と話している。(以上(産経ニュース2016.3.22 12:19)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/160322/afr1603220019-n1.html

 相模原市児童相談所が、通所していた中二の生徒を見殺しにした。
 本人の進学した中学校が「保護を求めている」と通報したが、児童相談所は、「親子関係が改善している」と何を以て判断をしたのか分からないが、お役所仕事の典型であると言っても良かろう。また、見殺しにした児童相談所の所長鳥谷明は、言い訳を並べているが、生徒が自殺を図るまで放置した罪は償うべきだ。
 お役所のことだから、鳥谷明を厳重注意処分ぐらいにしてどこかに飛ばせばするのだろうが、それで許して良いだろうか?(No.4763-3)

|

« 新聞記事が真実か分からない | トップページ | 日本を貶めるためいる創価 »

公務員」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63381398

この記事へのトラックバック一覧です: 相談しても見殺し児童相談所:

« 新聞記事が真実か分からない | トップページ | 日本を貶めるためいる創価 »