« ネットと紙面で要旨を変えている朝日 | トップページ | 本当は自称市民の為でしょう »

日本より中国信じ馬鹿を見る

鴻海、シャープ出資減額の意向…再建先行き懸念
 台湾の鴻海ホンハイ精密工業が、経営再建中のシャープを買収する際の出資額を、当初予定の4890億円から減額する意向を伝えたことが明らかになった。
 将来的にシャープの負債となる恐れのある潜在的な財務リスクへの懸念に加え、業績の先行きも不安視しているためとみられる。
 鴻海は、シャープが新たに発行する普通株式を1株あたり118円で買い取る計画だったが、関係者によると、価格を下げる意向だという。シャープは買収契約の締結に向けて鴻海と交渉を進めるが、鴻海の出資額は1~2割程度の減額になるとの見方もある。
 さらに、鴻海は買収前にシャープに支払う予定だった前払い金1000億円も、減額した上で第三者に預けることも視野に入れているという。(以上(読売新聞2016年03月20日09時23分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160320-OYT1T50009.html

 鴻海が、後出しでシャープに対する出資金を減額する意向を示したそうだ。
 シャープも日本の産業再生機構の案を受け入れていれば、後出しでこのようなことにはならなかっただろう。出資金だけでなく、前払い金も減額して第三者に預けることも考えているというのだから、信用するに値しない相手だ。
 シャープは、バカ役員の保身とバカ役員の出身銀行の利益を考えて、鴻海に決めたが、一筋縄でいかないのが中国だ。(No.4761-2)

|

« ネットと紙面で要旨を変えている朝日 | トップページ | 本当は自称市民の為でしょう »

中国」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63370627

この記事へのトラックバック一覧です: 日本より中国信じ馬鹿を見る:

« ネットと紙面で要旨を変えている朝日 | トップページ | 本当は自称市民の為でしょう »