« 公約に増税すると書け安住 | トップページ | 人道的支援が支えてる北の武器 »

仁川を経由で行けば済む話

舛添知事の出張費 航空費だけで1500万円、一流ホテルに同行職員と20人で5泊922万円って高過ぎない?
 舛添要一知事らが昨年10~11月、ロンドン・パリを訪れた海外出張費約5千万円が「高額すぎる」などと指摘されていた問題で、東京都は23日、この出張にかかった経費の内訳をホームページで公開した。透明性を高める狙いで、「今後は節減に努める」という。
 これによると、知事や職員ら20人の渡航にかかった「旅費」は総額約2623万円で、東京-欧州間の往復航空費(約1500万円)の占める割合が大きかった。知事のみがファーストクラス(約266万円)を利用。特別秘書ら7人がビジネス、その他の職員12人はエコノミーだった。
 宿泊費はロンドン・パリともに、同行職員を含めて全員が一流ホテルに泊まり、5泊で約922万円を支出。知事はスイートルーム(1泊19万8千円)を使った。このほか知事を含む20人に、計約123万円の日当が支払われていた。
 また、現地ガイドや通訳、車のレンタル費などの「賃借料など」に計約2417万円を費やした。内訳は、車両借り上げ費(約623万円)▽現地ガイド雇用費(約532万円)▽知事の講演会の会場代(263万円)-などが大きく、職員がラグビーW杯を視察するためのチケット代(2試合分)にも約127万円を費やしていた。(以上(産経ニュース2016.3.23 20:48)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160323/plt1603230036-n1.html

 日本の保育園より南朝鮮の学校という舛添朝鮮禿の高額出張費が問題になっている。
 どうやら、舛添朝鮮禿は、東京都知事と言うよりも、東京都の独裁者という認識でいるのだろう。そもそも、知事に外交など必要なのだろうか?普通の会社ならば、規則で認められている費用以上の出費は、特別に稟議を出すなり、自腹を切るなりするのが普通だ。使ったから、規約で認められた費用以上も認めろというのはおかしい話だ。さらに、来年度も、多額の海外出張費を計上している。海外視察にしても、バカなトップが行かなくても、実務者レベルを出張させれば済む話だ。都知事などが行っても糞の役にも立たないだろう。何せ、新競技場に聖火台が無いことすら、気づかないのだから、舛添朝鮮禿が、海外出張する意味などない。さらには、朴槿恵の糞ババアに手を握って貰ったお礼が、南朝鮮の学校に都有地を貸すというのだから噴飯物だ。なぜ、東京都民は、舛添朝鮮禿のリコールをしないのだろうか?昨年年始から、サッサと署名を集めてリコール成立だと思っていたが、東京では舛添朝鮮禿の人気は高いのだろうか?
 舛添は、大好きな南朝鮮の仁川経由で南朝鮮の航空会社を使えば安く済んだだろう。(No.4765-2)

|

« 公約に増税すると書け安住 | トップページ | 人道的支援が支えてる北の武器 »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63388873

この記事へのトラックバック一覧です: 仁川を経由で行けば済む話:

« 公約に増税すると書け安住 | トップページ | 人道的支援が支えてる北の武器 »