« 南北の分離をしたら良く分かる | トップページ | 真実を言えばメディアに叩かれる »

台湾にNOと言われる維新案

「民進党のイメージ悪くなる!」 民主・維新の新党名候補に台湾の議員が不快感
 民主党と維新の党が結成する新党名の有力候補に「民進党」が挙がっていることについて、台湾の民主進歩党(民進党)関係者が「イメージが悪くなる」と不快感を示していたことが11日、わかった。
 自民党中堅議員によると、千葉県内のイベントに参加するため来日中の民進党の議員と10日、都内で会談した際、「せっかく政権交代を果たすのに、日本の民主党が民進党に変わったらわれわれのイメージが悪くなる。やめてほしい」と語ったという。
 台湾では1月の総統選挙で民進党の蔡英文主席が中国国民党の候補に勝利。5月に総統に就任する。(以上(産経ニュース2016.3.12 07:51)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160311/plt1603110034-n1.html

 民維合作の新党名で、松野、江田が推す「民進党」について、台湾の民進党から不快感を示された。
 それは当然のことだと思う。党のイメージ刷新というが、他国の頑張っている党の名前をパクってその気になっていると思われても仕方がない。党のイメージは、その党が頑張って、国民に期待されて初めて良いイメージができるのであって、名前でイメージが決まると考えている松野頼久、江田憲司の頭自体に問題があるようだ。民主党という名前を嫌がるのは、民主三バカ政権の負のイメージしかないという認識があれば、まだ救えるが、民主党は、民主三バカ政権時代の総括もせずに、反省もなくやって来ているのだから、党のイメージが良くなるはずもないのすら分からないのは、庶民の声に耳を塞いでいるからだろう。何が悲しくて民主党のための助言を自分の個人情報丸出しにしてまで教えてやらなければならないかという所に、民主党も気が付いていないのだ。まして、日本でいい加減な政権運営をした党と他党の軒下を借りて母屋を盗った党の名前を、台湾で頑張って政権を取った党の名前を盗るという発想自体、浅ましいのひと言だ。
 新党名はどうでも良いが、他国の政党に不快感を与える新党名は止めるべきだ。(No.4753-2)

|

« 南北の分離をしたら良く分かる | トップページ | 真実を言えばメディアに叩かれる »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63334956

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾にNOと言われる維新案:

« 南北の分離をしたら良く分かる | トップページ | 真実を言えばメディアに叩かれる »