« 爆買いに南京虫の置き土産 | トップページ | 台湾にNOと言われる維新案 »

南北の分離をしたら良く分かる

日本不法残留者のうち韓国人が21.4%で最多
  日本に不法残留して摘発された者のうち韓国人が最も多いことが分かった。
  11日、日本法務省の報道発表資料によると、ことし1月1日基準の不法在留者数は6万2818人で前年度に比べて2811人(4.7%)増加した。このうち韓国人は1万3412人(21.4%)で最も多かった。
  次いで中国8741人(13.9%)、タイ5959人(9.5%)、フィリピン5240人(8.3%)、ベトナム3809人(6.1%)、台湾3543人(5.6%)の順だった。
  このうち3063人は強制出国命令を受けたことが分かった。(以上(2016年03月11日15時48分[(c) 中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/128/213128.html

 これまで、在日、不法滞在者の統計を出すのに、南北朝鮮をまとめて発表していたが、今年から分けて発表するようになった。
 これまでは、戦前に日本にやって来た朝鮮人は、「朝鮮」と一括りにされていたから、分離が困難と言うことだったが、法務省さえやる気になれば、このようなことは簡単なことなのだ。それで分かったことは、南朝鮮からの不法在留者の割合が2割に達することが明確になった。さらに、在日と称している元不法入国者を入れれば、もっと分かり易いだろう。
 大半が、不法入国者及びその子孫である朝鮮人が、日本で権利を求めることに応じるなど、泥棒に追い銭だ。(No.4753)

|

« 爆買いに南京虫の置き土産 | トップページ | 台湾にNOと言われる維新案 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63333667

この記事へのトラックバック一覧です: 南北の分離をしたら良く分かる:

« 爆買いに南京虫の置き土産 | トップページ | 台湾にNOと言われる維新案 »