« 選択の自由あります有権者 | トップページ | 新聞が事実確認せずに記事 »

新党はまだとばかりに出る松野

小沢氏ら野党4党首、衆院選協力で一致
 生活の党の小沢共同代表は23日夜、東京都内で共産党の志位委員長や維新の党の松野代表、社民党の吉田党首らと会談した。
 4党首は衆参同日選挙を見据え、衆院選での選挙協力を早期に確立する方針で一致した。2017年4月の消費増税を延期するための法案の国会提出を目指すことも確認した。どちらも消極的な姿勢を示す民主党をけん制する狙いがありそうだ。(以上(読売新聞2016年03月24日09時08分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20160324-OYT1T50009.html

 野党の生活、共産、社民党の野合会談に、ニセ維新から松野頼久も参加した。
 もうすぐ、民進党としてスタートするのに、民主党の参加しない野合会議にニセ維新として松野頼久が参加するということは、民進党で主導権を盗りたいという松野頼久のあくなき野望が見えると言っても良かろう。民主党は共産党との連携には慎重だが、それでこそ目立つという目算が松野頼久には感じられる。
 除名処分を受けた出戻りが、今度は民進党の母屋を狙っているつもりだろうが、民進党と共にこの世から無くなることを望んでいる。(No.4766-2)

|

« 選択の自由あります有権者 | トップページ | 新聞が事実確認せずに記事 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63393822

この記事へのトラックバック一覧です: 新党はまだとばかりに出る松野:

« 選択の自由あります有権者 | トップページ | 新聞が事実確認せずに記事 »