« 真実を言えばメディアに叩かれる | トップページ | 犯罪のために邪魔だと機動隊 »

死人に口なし加害者の言い逃れ

担任に「受からないと言われた」…中3、両親に
 広島県府中町で昨年12月、町立府中緑ヶ丘中3年の男子生徒(当時15歳)が自殺した問題で、男子生徒が「担任教諭から個人面談で(推薦なしで志望校を受けても)まず受からないと言われた」と両親に語っていたことが、学校の調査報告書でわかった。
 男子生徒はショックを受けた様子だったといい、この面談の翌日に死亡した。担任の説明と食い違っており、町教委は第三者委員会で詳しい経緯を調べる。
 報告書によると、生徒と担任は昨年11~12月に計5回、進路についての個人面談を行っていた。
 両親が学校の聞き取りに答えた内容によると、生徒はこのうち3回目(12月4日)と4回目(7日)の面談の内容について、両親に「『(一般受験で)当日高得点を出しても受からないのか』と聞いたら、先生は『まず受からないから一般受験は考えない方がいい。どうしても受けたいなら他の私立も受けるように』と言っていた」と話していたという。
 一方、担任の説明によると、3回目の面談で、志望した私立高校の推薦を受けられないことを伝えた上で、別の高校と組み合わせて一般受験するよう提案。生徒から「一般で受験した場合落ちますか」と尋ねられ、一般受験でどれくらい合格者を出すか分からず、はっきりしたことは言えない、と答えたとされる。(以上(読売新聞2016年03月13日03時08分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160312-OYT1T50158.html

 広島県府中町の中学生自殺問題で、学校がサッサとまとめた報告書では、死人に口なしで担任が都合良く説明している。
 卒業式にも体調不良として逃げた担任教師が、学校のまとめた報告書では、自分に都合良い説明をしており、両親が生徒から聞いた内容と大きな食い違いを示していることが明らかになった。ほとんどの場合、死人に口なしで生きている加害者が自己保身のために、都合良く嘘を並べるというものだ。
 学校や教育委などの調査など当てにならないから、警察や司法の手によって全容を明らかにするべきだ。(No.4754-2)

|

« 真実を言えばメディアに叩かれる | トップページ | 犯罪のために邪魔だと機動隊 »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63339090

この記事へのトラックバック一覧です: 死人に口なし加害者の言い逃れ:

« 真実を言えばメディアに叩かれる | トップページ | 犯罪のために邪魔だと機動隊 »