« 問題にしない韓国の蒸し返し | トップページ | 頑張らず早く引っ込めサメの脳 »

マスコミの継ぎ接ぎで辞退する校長

大阪市の「出産」発言校長退職へ
3月末で再任用辞退

 大阪市教育委員会は28日、全校集会で「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むことだ」などと発言した市立茨田北中(鶴見区)の寺井寿男校長(61)が3月末で退職すると発表した。処分は見送った。
 2015年3月で定年退職した寺井校長は今月末までの任期で再任用された。4月以降も継続する見通しだったが、本人が市教委に辞退を届け出た。
 寺井校長は市教委に「発言に関する報道後、教職員が市民らからの電話対応に忙殺されるなどし、生徒や学校に迷惑を掛けた」と説明した。発言は撤回していないという。(以上(共同通信2016/3/28 11:54)より引用)
http://this.kiji.is/86997747297027572?c=39546741839462401

 大阪の出産発言をした校長が、今月末で退職することになった。
 至極当たり前のことを言ったことが、マスゴミの都合良い継ぎ接ぎによって悪者にされて、任期を残して退職されることは残念だ。特に酷かったのは、朝日新聞だ。校長の発言要旨と称して継ぎ接ぎしていたが、それが、ネットと紙面では違う要旨を載せていたのだから、校長を貶める悪意としか取れない。しかし、朝日新聞しか読んでいない高齢者は、朝日新聞の内容を全て信じて、校長が悪いという変更記事に騙されるのだ。女性1人の出生率が2を下回れば、日本の人口が減るというのは自明なことだ。しかし、それを言えば、マスゴミの言葉狩りによって、袋叩きに遭うというのが今の日本だ。
 原子力規制庁のように、マスゴミ対応は全て対面にして、取材中は全て録音しておかなければならない時代だ。(No.4769-3)

|

« 問題にしない韓国の蒸し返し | トップページ | 頑張らず早く引っ込めサメの脳 »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63407656

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの継ぎ接ぎで辞退する校長:

« 問題にしない韓国の蒸し返し | トップページ | 頑張らず早く引っ込めサメの脳 »