« 絶望へ直ぐに変わるぞ期待感 | トップページ | 米軍もベトナムもまだ謝罪なし »

谷垣が足を引っ張る自民党

自民・谷垣氏、放送介入に慎重姿勢示す 停波発言めぐり
 自民党の谷垣禎一幹事長は、高市早苗総務相が放送局に電波停止を命じる可能性に言及していることについて「政治的偏向をどうするか、という判断に行政が立ち入ると難しい局面になる。私はそういうことに自民党が踏み込んでいくのは非常に慎重で、それが自民党の放送政策だと思っている」と述べた。27日放送のBS朝日の番組での発言。
 高市氏は、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法違反を理由に、電波停止を命じる可能性を国会で何度も答弁しているが、谷垣氏はこれに否定的な考えを示したものだ。(以上(朝日新聞2016年2月29日00時31分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ2X7KWHJ2XUTFK005.html

 京都3区補選の不戦敗に続いて、糞の役にも立たない谷垣禎一が、電波停止にも、弱気な考えを示した。
 加藤の乱で既に政治生命を終えている谷垣禎一であり、自民党総裁にして総理になれなかった谷垣禎一は、やはり、総理の器では無かったと物語る良い見本だと思う。TBS、テレ朝、NHK等偏向報道の常習犯さえ見逃そうというのだから、谷垣禎一のリベラルとは「当たらず障らず」ということのようだ。
 自民党は、サッサと谷垣禎一を取り下げて、まともな政治家を幹事長に据えるべきだ。谷垣はせっかくの勢いを削ぐだけだ。(No.4741)

|

« 絶望へ直ぐに変わるぞ期待感 | トップページ | 米軍もベトナムもまだ謝罪なし »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63278920

この記事へのトラックバック一覧です: 谷垣が足を引っ張る自民党:

« 絶望へ直ぐに変わるぞ期待感 | トップページ | 米軍もベトナムもまだ謝罪なし »