« 総連の反対は効果ある証拠 | トップページ | ジカ熱に蚊取り線香どうですか? »

菅の圧力を感じるこの記事

福島のセシウム「ガラス状」…森林で採取の葉
 福島県内の森林で採取した放射性の微粒子を分析したところ、ガラスの中にセシウムが溶け込んだ構造であることが分かったと、小暮敏博・東京大准教授らの研究チームが発表した。
 微粒子は、東京電力福島第一原子力発電所事故の際、原発の内部にあった物質が高温状態で混じってできたものとみられ、炉内で起きた反応などを知る手がかりになる可能性がある。英電子版科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。
 微粒子は2011年夏、杉の葉の表面で見つかった。大きさは数マイクロ・メートル程度。電子顕微鏡などで分析したところ、窓ガラスなどと同じケイ酸塩ガラスが主成分で、放射性セシウムのほかに鉄や亜鉛などが含まれていた。セシウムは微粒子の外側ほど高濃度で、徐々に粒子外へ溶け出すことも実験で判明した。
 小暮准教授は「飛散した微粒子の量や、セシウムが溶け出す条件などを詳しく調べれば、環境への影響の解明につながる」と話している。(以上(読売新聞2016年02月14日11時37分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160213-OYT1T50061.html

 東大の先生が、2011年夏に発見していたガラス状セシウムについて、今頃になって発表した。
 そんなに分析に時間の掛かる内容ではないと感じるが、なぜ、2011年夏に発見していながら今の時期になるのか合点がいかない。2011年夏と言えば、歩く国賊・菅直人内閣の末期であり、このような研究内容が報道されると歩く国賊・菅直人に不都合だからという圧力が掛かったと考えると納得できる。
 この研究の発表が、ここまで遅れたのは歩く国賊・菅直人及び民主党の圧力があったと見るのは穿ちすぎか?(No.4727)

|

« 総連の反対は効果ある証拠 | トップページ | ジカ熱に蚊取り線香どうですか? »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63213813

この記事へのトラックバック一覧です: 菅の圧力を感じるこの記事:

« 総連の反対は効果ある証拠 | トップページ | ジカ熱に蚊取り線香どうですか? »