« 極秘文書まで朝日に漏れている | トップページ | 虎ならば北朝鮮にいるだろう! »

韓国に金貢ぎたい秋田知事

「国際線就航は金目次第」 秋田知事、ソウル便再開めぐり発言
 秋田県の佐竹敬久知事は22日の県議会本会議で、運航休止中の大韓航空の秋田-ソウル便に関連し、「地方空港の国際線就航は金目(かねめ)で決まる」と発言し、航空会社が自治体からの助成金に左右されているとの認識を示した。
 大関衛氏(自民)の質問に答えた。佐竹知事は「ある大臣ではないが」と、石原伸晃経済再生担当相が環境相時代に原発事故で出た汚染土の中間貯蔵施設建設をめぐり「最後は金目でしょ」と発言したことを念頭に答弁。
 「各県とも助成経費でほとんど決まる。金目がこの業界(航空業界)には結構あって、例えば格安航空会社(LCC)にしても、いくら出せば飛ばすと生々しい」と述べた。
 平成13年のソウル便運航開始以降、県は路線維持のため、韓国への修学旅行費助成などで約17億円の県費を投入してきた。だが大韓航空は、26年以降、旅客船沈没事故や中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染拡大などの影響で断続的に運休。現在の運休期間(昨年12月3日~3月26日)も延長する方針だ。
 佐竹知事は一方で「そう簡単には(助成増額に)乗れないというところもある。粘り強く(運航再開交渉を)やっていきたい」と語った。(以上(産経ニュース2016.2.23 14:00)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160223/plt1602230004-n1.html
 秋田県知事の佐竹敬久が、南朝鮮の飛行機乗り入れは「金目次第」と宣ったそうだ。
 そこまでして、南朝鮮に貢いで国際線の維持が必要なのかよく分からない。まあ、秋田県だから、地方交付税交付金がたんまり入るから、南朝鮮に貢いでも国際線があると言いたいのかもしれないが、それがどれだけの物か理解しているのだろうか?嫌韓ムードは悪くなることはあっても、良くなる訳がない。
 県知事の自己満足のために、南朝鮮便に税金を貢ぐのならば、秋田県は地方交付税交付金を辞退するべきだ。(No.4735-2)

|

« 極秘文書まで朝日に漏れている | トップページ | 虎ならば北朝鮮にいるだろう! »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63253243

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国に金貢ぎたい秋田知事:

« 極秘文書まで朝日に漏れている | トップページ | 虎ならば北朝鮮にいるだろう! »