« 一番に民主消すのが消去法 | トップページ | 朝日新聞事実を言われ遺憾の意 »

法律を倫理規範とする野党

放送法4条「倫理規範」明確化…民主と維新一致
 民主党と維新の党は18日に開いた合同部門会議の作業部会で、今国会に放送法改正案を提出することで一致した。
 高市総務相が、政治的な公平性を求めた放送法違反を繰り返した放送局に対し、電波法に基づく電波停止命令もあり得るとの認識を示したことを受けたものだ。番組の政治的な公平性を求めた現行の放送法4条を巡り、政府は違反すれば行政処分の根拠となるとの見解を示しているが、改正案では「倫理規範」であることを明確化し、行政処分につなげられないようにする内容だ。(以上(読売新聞2016年02月18日22時46分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160218-OYT1T50122.html

 呉越同舟の民主と維新が、放送法4条を「倫理規定」とする法案を提出するそうだ。
 法律が倫理規定ということ自体、おかしな話だが、おかしい頭の民主・維新からすれば、当然のことなのだろう。何と言っても、マスゴミは、民主党の悪行三昧はすらっと流すか触れないで、意図を持って事実をねじ曲げた報道をしているのだから、それで、行政処分となると、困るのは民主党であり、維新の党だ。
 いくら、民主と維新が法案を提出しても、与党が過半数を占める国会で法案が通るはずがない。それを分かってのパフォーマンスだろう。(No.4731)

|

« 一番に民主消すのが消去法 | トップページ | 朝日新聞事実を言われ遺憾の意 »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63233543

この記事へのトラックバック一覧です: 法律を倫理規範とする野党:

« 一番に民主消すのが消去法 | トップページ | 朝日新聞事実を言われ遺憾の意 »