« 合意したことを言っても抗議する | トップページ | 在日と言わず市民というメディア »

飛行機に無かったようだガムテープ

半ドア飛行で引き返し 韓国LCCトラブル相次ぐ
 フィリピン・セブ発釜山行きの韓国の格安航空会社(LCC)、ジンエアー機が3日、完全にドアが閉まっていなかったとみられる状態で飛行、セブに引き返した。韓国のLCCでは昨年12月にも済州航空機が装置の不具合で急降下するトラブルがあったばかりで、韓国国土交通省は4日までに国内LCC6社の安全点検に乗り出した。
 ジンエアー機は離陸の約30分後、高度約1万フィート(約3048メートル)でトラブルが判明。聯合ニューステレビが伝えた機内の映像によると、前方左側のドアの開閉部分に手の指が入るほどの隙間が開いていた。乗客は「風が入ってきた。気圧の影響で頭痛がした」などと語った。
 聯合ニュースなどによるとジンエアー側は「ドア自体に問題はなかった」としており、国交省が詳しい原因を調べる。機種はボーイング737。(共同)(以上(産経ニュース2016.1.4 18:35)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/160104/wor1601040036-n1.html

 韓国のLCCの飛行機が、飛行中に乗降口が半ドアになって、高速鉄道のようにガムテープを用意していなかったので、引き返したそうだ。
 南朝鮮の高速鉄道の先頭車両の点検口が開いて、ガムテープで補修して、そのまま走らせたという恐ろしく、他人ごととしては笑える事故があったばかりだが、今度は、LCCの乗降口が半ドアという恐ろしいことが起こったそうだ。まだ、高度1万フィートだから良かったようなもので、通常の高度3万フィートまで上昇していれば、中の乗客が外に吸い出されていたかも知れない事故なのだ。それでも、「ドア自体に問題はなかった」という所が、韓国の会社らしい発想だ。それならば、乗務員がちゃんと確認していなかったという単純事故ということだ。
 アシアナ航空の広島空港破壊事件を含め、そろそろ韓国の旅客機が墜落しそうだ。くわばらくわばら!(No.4687-2)

|

« 合意したことを言っても抗議する | トップページ | 在日と言わず市民というメディア »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63007543

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機に無かったようだガムテープ:

« 合意したことを言っても抗議する | トップページ | 在日と言わず市民というメディア »